大相撲九州場所は4日目の15日、白鵬は千代大龍に快勝して4連勝。2人の大関は、豪栄道が玉鷲、高安が松鳳山を退けて無敗を守った。貴景勝が稀勢の里を一方的に攻め続けて、日馬富士戦に続く二つ目の金星。稀勢の里は2敗目。

 ○…豪栄道は不戦敗を除いて過去1年で1勝3敗と合口の悪い玉鷲を冷静にさばいて4連勝。玉鷲に2度つっかけられて3度目で立つと、激しい突っ張りを受けるが、頭を低くして負けずと下から応戦。「(相手の)動きが見えていた」と、タイミングを見計らって左に開くと、玉鷲の手を土俵につかせた。4日間を振り返り「それなりに動いています」と充実した表情を浮かべた。