平昌五輪のフィギュアスケートは15日、ペアのフリーが行われ、北朝鮮のリョム・テオク、キム・ジュシク組は124.23点をマークし、合計193.63点で13位。約160人の北朝鮮の応援団だけでなく、韓国など他国の観客からも大きな拍手を浴びた。演技を終えると2度抱きしめ合って、観客に手を振って感謝の気持ちを表した。キムは「私たちの応援団と、南(韓国)の同胞が息の合った応援をしてくれたので、ものすごく苦しかった時にも力を出すことができた」と語った。