ノルディックスキー・ジャンプ男子は15日、アルペンシア・ジャンプセンターで個人ラージヒル(ヒルサイズ=HS142メートル)の公式練習を行った。斉藤智治監督は練習後、葛西紀明、小林陵侑(ともに土屋ホーム)、小林潤志郎(雪印メグミルク)、竹内択(北野建設)の4人で16日の予選に臨むと発表した。伊東大貴(雪印メグミルク)が外れた。

 練習はそれぞれ3回飛び、葛西は最高5位、小林陵は同14位などと安定。竹内は最高16位、小林潤は同18位、伊東は同17位で、斉藤監督は「みんな良かった。潤志郎だけは良くなかったが、助走ゲートが他の選手より低く、これまでの成績も考え、直ると判断した」と説明した。【江連能弘】