東都大学野球は17日、神宮球場で第2週の1回戦2試合を行った。亜大は、頓宮(とんぐう、4年・岡山理大付)の満塁を含む2打席連続本塁打などで中大を圧倒。国学大は、八回に内藤(2年・中京大中京)が2ランを放つなど終盤で突き放し、駒大に先勝した。

 ◇「良い場面で打てた」頓宮

 頼れる4番が亜大を勝利に導いた。頓宮が2本塁打で7打点の大暴れ。「良い場面で打てた」と納得の表情を浮かべた。

 三回、1点を先取し、なお2死満塁の場面で打席に。フルカウントから内角高めの直球をとらえた。「行ったと思った」と手応え十分の当たりは左翼ポール際に飛び、切れることなくスタンド中段へ突き刺さった。勢いは止まらず、四回2死二、三塁では低めの変化球をすくい上げた。「うまく前でさばけて体重を乗せられた」。再び左翼席まで運び、駄目押しの3ランとなった。

 昨春は捕手でベストナインを獲得したが、生田監督は「リードの負担を軽くして打撃に専念させたい」と、この日は一塁手で起用。采配が当たり「そういう意味でも大きな本塁打だった」と胸をなで下ろした。

 頓宮は「一番やりたいのは捕手」と本音ものぞかせる。それでも「チームが勝つのが一番。チャンスで結果を出し、打撃で貢献したい」。亜大を引っ張る強打者が、ますます怖い存在になりそうだ。【真下信幸】

(1)亜大1勝

亜大

005610000◆12

001010001◆3

中大

(亜)中村稔、清水−佐久本(中)伊藤、水谷、吉岡−田畑、古賀▽本塁打 頓宮2(亜)

(1)国学大1勝

国学大

000001220◆5

000100002◆3

駒大

(国)清水、山口−横井(駒)辻本、塩田、白銀、竹本−長▽本塁打 内藤(国)