第91回都市対抗野球大会(日本野球連盟、毎日新聞社主催)が22日、東京ドームで開幕した。今回の都市対抗野球はコロナ対策で「大会の華」であるスタンドでの応援合戦が行われず、日本野球連盟と毎日新聞社は初めて「公式オンライン応援企画」を実施する。大会初日に行われた試合でも、出場企業の関係者らがオンラインで地元から声援を送る様子が東京ドームの大型ビジョンに映し出された。

 企画で使われるのは、大会の公式応援パートナーとして協賛する「シスコシステムズ合同会社」(本社・東京都港区)のウェブ会議ツール「Cisco Webex」。開幕試合ではJFE東日本の関係者らがツールを通じ、エールを送った。チームの応援歌がドーム内に響く中、中堅後方にある大型ビジョンに、企業名が書かれたTシャツを着用してアピールしたり、応援用のうちわを振ったりする様子が並んだ。

 オンライン応援企画は今回、1回戦16試合と決勝の計17試合で行われる。参加は任意で、全32チームの半数超が参加する予定。【川村咲平】

 ◇決勝まで全試合ライブ中継

 毎日新聞では公式サイト(https://mainichi.jp/ama−baseball/kurojishi/live/)で決勝までの全試合をライブ中継している。