【ソウル米村耕一】韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安全保障室長と米国のマクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は11日、緊迫する北朝鮮情勢について電話で協議した。韓国大統領府によると、両高官は「米韓両国民の安全を確保するための段階的な措置について、透明性を持って緊密に協力していく」ことで一致したという。

 北朝鮮が米領グアム周辺へのミサイル発射計画の検討を公表し、米朝間で「威嚇合戦」となるなど緊張が高まる中で、米韓相互の連携とコミュニケーションの重要性を再確認したものとみられる。「段階的な措置」の具体的内容は明らかになっていない。