【パークランド(米南部フロリダ州)國枝すみれ】米南部フロリダ州パークランドの高校で14日午後2時半(日本時間15日午前4時半)ごろ、銃乱射事件があり、警察当局によると、少なくとも生徒ら17人が死亡、15人以上が負傷した。警察は現場近くで同校の元生徒のニコラス・クルーズ容疑者(19)を拘束、米メディアによると司法当局は計画殺人の容疑で訴追した。地元メディアによると、クルーズ容疑者はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に銃の写真を多数投稿していたほか、在学時には校内に銃弾を持ち込んだこともあったといい、学校側が警戒していた。

 事件があったのは、フロリダ州の中心都市マイアミの北約70キロにある公立校、マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校。警察によると、クルーズ容疑者は殺傷力の高いAR15型半自動小銃と複数の弾倉を所持していた。校舎の外で発砲を始めた後、校舎内に侵入し乱射を続けたという。警察は容疑者が周到に計画したうえで、単独で事件を起こしたと見ている。

 警察によると、容疑者は過去に他の生徒を脅すなどのトラブルを起こして同校を退学処分になった。容疑者は写真共有アプリ「インスタグラム」に多数の銃の画像を投稿していた、と地元紙マイアミ・ヘラルドが報道。友人に対して口にする話題の大半は銃やナイフに関することだったという。

 また、同校の教員によると、容疑者はネズミをモデルガンで撃ったり、銃弾をカバンに入れて校内に持ち込んだりしたこともあった。こうした経緯から学校側は昨年、容疑者を「潜在的な脅威」と判断。カバンを持った状態で校内に入れないよう関係者にメールで注意喚起していた。

 米国では銃乱射事件が相次いでいる。昨年10月に西部ラスベガスのコンサート会場で58人が死亡したほか、今年1月には南部ケンタッキー州の高校で2人が死亡した。