ロイター通信によると、米税関・国境警備局は10日、米西部カリフォルニア州サンディエゴのメキシコとの国境付近で、催涙ガスを使った大規模な演習を実施した。

 参加した数百人の警備当局者らは、メキシコ側から国境を越えてくる想定の車列に向けて一斉に催涙ガスを撃ち込んだ。

 サンディエゴではメキシコ北西部ティフアナからの不法入国が相次いでいるが、今月1日には米国境警備当局者が、フェンスを越えて不法入国を図った移民らを催涙ガスを使って制圧。人権団体などから「非人道的だ」などと批判も受けていた。