シード勢順当に春日部共栄市川越など

 第99回全国高校野球選手権埼玉大会(県高校野球連盟など主催)は16日、さいたま市大宮区の県営大宮公園野球場など6球場で3回戦16試合があった。春日部共栄、市川越、叡明、川越工などシード校は4回戦進出を決めた。【中川友希】

 <県営大宮>

 ▽3回戦

鷲宮  010000000=1

大宮東 11000020×=4

 (鷲)鹿久保−小島

 (大)菅原−志和

▽三塁打 緒方、風間(大)

▽二塁打 上久保2(大)

熊谷西

  0000100=1

  300113×=8

春日部共栄

 (七回コールド)

 (熊)新井涼、筑肱−和田

 (春)内藤、大木、高橋−又吉

▽二塁打 新井涼(熊)又吉、谷島(春)

市川越

  1020017=11

  1000000=1

大宮工

 (七回コールド)

 (市)メンディス、小川−中山

 (大)牛田、利根川、藤村−山本

▽本塁打 古家(大)

▽二塁打 星野2(市)

 <市営大宮>

 ▽3回戦

所沢商

  100020001=4

  20100014×=8

叡明

 (所)中村−小川

 (叡)熊谷、岩木−室賀、海老原

▽本塁打 松浦(叡)

▽二塁打 松田、小川、庄司(所)松浦、岩木、海老原、藤原(叡)

杉戸

  010010000=2

  01101000×=3

新座柳瀬

 (杉)小川−松田

 (新)石井、田中−会退

川越工

  3300302=11

  0102000=3

西武文理

 (七回コールド)

 (川)小久保、宮崎−小林

 (西)石野、猪八重、河野、宮本−横山

▽本塁打 新井、木村(川)横山、増茂(西)

▽三塁打 田中(西)

▽二塁打 宮崎、薄井(川)伊藤(西)

 <上尾市民>

 ▽3回戦

狭山ケ丘

  010005201=9

  000000310=4

秀明英光

 (狭)村田、臼井、関根、宮下−長谷川、岩田

 (秀)二方、須藤、伊藤−遠藤

▽二塁打 佐藤、野村、斎藤2、秋野(狭)杉山、岡野(秀)

山村学園

  011000100=3

  001010000=2

川越西

 (山)和田、矢口−寺嶋

 (川)川名、小野寺、桜井−小池

▽三塁打 金子(山)

▽二塁打 金子(山)橋本、倉田(川)

北本

  2300301=9

  0100010=2

飯能

 (七回コールド)

 (北)田辺青−苅米

 (飯)重本−飯村

▽三塁打 長谷川、神原、淀(北)

▽二塁打 神原(北)

 <市営浦和>

 ▽3回戦

不動岡

  000000000=0

  10000200×=3

所沢北

 (不)石原、平井−清家

 (所)水沼−征矢

▽三塁打 鈴木健(不)

▽二塁打 樋口(不)大野(所)

西武台

  200000012=5

  100000000=1

早大本庄

 (西)永冨、福井−佐野

 (早)福永、富永、若旅−山下

▽三塁打 高岸(早)

▽二塁打 岡安(西)山下(早)

 <朝霞市営>

 ▽3回戦

川越南

  20000100001=4

  10100000102=5

朝霞

 (延長十一回)

 (川)山田拓、中村−安藤

 (朝)三好、氏家−原口、大森

▽本塁打 山田拓(川)

▽二塁打 山田拓(川)黒澤、岩崎、須山(朝)

志木

  201030100=7

  000001010=2

宮代

 (志)前原−穂積

 (宮)斎藤、菊池−高村

▽三塁打 前原(志)

▽二塁打 中田、穂積、渡辺、秋葉(志)高村(宮)

 <熊谷公園>

 ▽3回戦

本庄第一

  100000100=2

  00132101×=8

川越東

 (本)大原、谷合、森田−田仲、大久保結

 (川)苅部、小笠原−黒川

▽二塁打 松本(本)岡本、山本、田村、青山(川)

東農大三

  01000000101=3

  10000100000=2

栄北

 (延長十一回)

 (東)加藤、石川大−遠山

 (栄)高木、早乙女−佐久間

▽三塁打 金子(東)

▽二塁打 飯塚、保科(東)山本、斎藤(栄)

川口

  0442100=11

  0010100=2

小鹿野

 (七回コールド)

 (川)赤坂、古賀−水谷

 (小)新井、高橋響、石田成−須崎

▽本塁打 増田、渡辺(川)川合(小)

▽三塁打 坂本(小)

▽二塁打 梅原、飯田、増田(川)逸見(小)

………………………………………………………………………………………………………

 ■熱球譜

 ◇痛みに耐え熱投 本庄第一3年・谷合智稀投手

 四回裏のリードされた場面で「いつも通り投げるだけだ」とマウンドに登り、得意の変化球を投げ込んだ。右手首骨折の痛みなど、どこかに飛んでいた。

 3投手が継投するスタイルのチームで、エースナンバー「1」を背負った。「一番安定した投球をする」と信頼も厚かった。試合の中盤をしめる重要な役割を担った。

 だが、大会開幕直前にアクシデントに見舞われた。打撃練習で右手首を骨折したのだ。痛み止めを飲みつつ、練習では捕球を他の部員に頼んだり、右手首をかばって投球したりすることもあった。

 この日は「仲間と最後の夏になる」と思い切り腕を振った。小学4年生からバッテリーを組む捕手の大久保結は「サイン通りしっかり投げてくれた」といい、けがの影響を感じさせなかった。

 五回にさらに2点を失い、途中で降板した。不本意な結果に悔しさが去らない。「またアウトを取りに、大学で野球を続けたい」