第99回全国高校野球選手権千葉大会(県高野連、朝日新聞社主催)は16日、県野球場(千葉市稲毛区)など6球場で3回戦16試合があった。Aシードの木更津総合、専大松戸はそれぞれ千葉西、佐原にコールド勝ちした。Bシードの千葉明徳、市原中央、Cシードの東海大市原望洋、東京学館浦安も4回戦に駒を進めた。

 17日は7球場で3回戦16試合がある。【富美月】

………………………………………………………………………………………………………

 ■白球譜

 ◇執念の一打、やりきった 東海大浦安・3年 寺牛啓悟中堅手

 2点差を追う九回裏1死一塁、2ストライクと追い込まれてから、ファウルで粘り続けた。9球目を強く振り抜くと、打球は右前に飛び三塁打となった。1点差に迫る適時打にスタンドからは大きな歓声があがり、三塁で大きくガッツポーズをして笑顔を見せた。

 しかし、あと一歩届かずに3−4で千葉明徳に惜しくも敗退。負けが決まった瞬間、三塁上で膝に手をついて下を向いた。ベンチに戻るときには込み上げてくる感情をこらえきれず、仲間に肩をたたかれながら両手で涙をぬぐった。

 試合後、「執念だった」と振り返った九回裏の打席。「何とか打球が抜けてくれたのは、仲間の声援のおかげ」と笑顔を見せ、仲間への感謝を口にした。

 小学校1年生から始めた野球。小学校時代は、母弥生さん(44)がノックやキャッチボールに付き合ってくれた。「家事もあるのにいつも一緒にやってくれた。ここまでやってこれたのは本当に母のおかげ」と話す。

 中学時代は強豪・佐倉シニアに所属。3年生のときには、メンバーとして全国優勝を経験した。「仲間と一戦でも長くやりたかったけど、やりきった」。すがすがしい表情で球場をあとにした。【富美月】

………………………………………………………………………………………………………

 ▽3回戦

千葉明徳

  000101200=4

  000000111=3

東海大浦安

流経大柏

  000020020=4

  100020000=3

西武台千葉

市川南

  000000000=0

  30000010×=4

東京学館浦安

千葉西   00000=0

木更津総合 20177×=26

 (五回コールド)

銚子   0000020=2

市原中央 0101124=9

 (七回コールド)

佐倉西 010030020=6

匝瑳  00511000×=7

千葉  20000=2

市船橋 7060×=13

 (五回コールド)

松戸馬橋

  000000000=0

  00031000×=4

幕張総合

佐原   0000000=0

専大松戸 103012×=7

 (七回コールド)

薬園台 200000000=2

小金  00110011×=4

浦安   2002130=8

松戸国際 0100000=1

 (七回コールド)

船橋二和

  0000000=0

  302103×=9

東海大市原望洋

 (七回コールド)

市川  000311410=10

東総工 001122010=7

東京学館 100020=3

暁星国際 021901=13

 (六回コールド)

柏井 010000000=1

船橋 000000000=0

京葉工 100001010=3

市川昴 000000001=1