第99回全国高校野球選手権長野大会は8日目の16日、長野オリンピックスタジアムなど4会場で3回戦8試合があった。松本深志は中盤に池田工を逆転し勝利を収めた。創造学園は須坂に七回コールドで快勝。長野東は岡谷南との接戦を制した。17日は4回戦8試合がある。【島袋太輔】

 <長野オリンピックスタジアム>

 ▽3回戦

岡谷南 100000200=3

長野東 10100301×=6

 (岡)那須野、山田−滝田

 (長)入山、松橋−石井

▽本塁打 桜井(長)

▽三塁打 義家(長)

▽二塁打 田中、山田(岡)

須坂   1000000=1

創造学園 121130×=8

 (七回コールド)

 (須)原山浩、小林由、坂口−小林岳

 (創)竹内、伊藤、中川−永田、田中

▽三塁打 小林岳(須)永田、鷺田(創)

▽二塁打 高橋(須)植上、伊藤、竹田(創)

 <県営上田野球場>

 ▽3回戦

松本蟻ケ崎 10000=1

上田千曲  20603=11

 (五回コールド)

 (松)井口、永瀬、石原−赤沢

 (上)龍野−高野

▽二塁打 久世2、箱田、渡辺(上)

長野吉田 67265=26

阿南   00030=3

 (五回コールド)

 (長)岡沢、武藤−金児、高橋

 (阿)藤本颯、山崎、中原、牧内、熊谷、奥田−牧野

▽本塁打 滝本(長)

▽二塁打 山口、杉村2、笹原2、若林(長)狩野、岡本(阿)

 <しんきん諏訪湖スタジアム>

 ▽3回戦

下諏訪向陽 3410000=8

飯田風越  1000000=1

 (七回コールド)

 (下)中島−輿石

 (飯)小木曽、伊東−熊谷樹

▽本塁打 川瀬(下)

▽二塁打 曽根原(下)

上伊那農

  200020001=5

  10110052×=10

飯山

 (上)入江、唐沢、八幡、正木−宮沢

 (飯)長瀬、吉田、飛沢−池田

▽本塁打 町田(飯)

▽三塁打 町田(飯)

▽二塁打 池田、武田(飯)

 <松本市野球場>

 ▽3回戦

池田工

  000100000=1

  00001130×=5

松本深志

 (池)宮沢耀、和田−百瀬将

 (松)小林綾−新井

▽二塁打 今井(松)

岩村田

  00401301=9

  00000020=2

松本美須々ケ丘

 (八回コールド)

 (岩)内堀光、中沢−阿部

 (松)松橋、田中、松橋−武田歩

▽三塁打 道上(岩)

▽二塁打 小林祐、友野、苫坂、阿部、柳沢(岩)清水(松)

………………………………………………………………………………………………………

 ◇4番の役割全う 長野吉田・滝本彬三塁手(3年)

 打線の中心を担う4番として5打数4安打3打点と活躍し、チームに勝利をもたらした。一回2死二塁、甘めにきた真ん中直球を打ち返すと、先制の2点本塁打に。チームも勢いづき、この回、6得点。流れを引き寄せた。

 13日の茅野戦では、得点圏に走者をおいて、3回、打席が回ってきた。しかし、凡打に終わり、4番の役割を果たせなかった。4−0で勝ったものの、チームも6安打と打線が振るわなかった。不振の理由は、バットヘッドが下がり、下から打ち上げていたからだ。バットの軌道を水平にするように意識した。

 修正すると、練習の成果が発揮できた。これまでの打撃練習では、打つ直前に打つ方向を指示された。「どんな投手にも対応できるように」と、新チーム結成から毎日続け、打撃力を磨いてきた。

 この日の試合では二回、相手のエースが登場。終盤まで投手4人を相手にしたが、動じることはなかった。「走者を還して、簡単には打ち取られない」。4番の役割を果たした。【島袋太輔】