第99回全国高校野球選手権徳島大会(県高野連、朝日新聞社主催)は16日、鳴門市のオロナミンC球場で1回戦3試合があった。板野が城南に2−1で逆転勝ちし、川島が第4シードの徳島北を5−3で降した。来年4月に互いの学校が統合される新野と阿南工の対戦は、新野が5−2で勝利した。

 17日の第3試合から大会は2回戦に入り、第1シードの鳴門渦潮が阿南高専と対戦する。【大坂和也】

 ▽1回戦

板野

  000000110=2

  000001000=1

城南

 (板)森井−前田

 (城)鳴瀬−張

▽三塁打 鳴瀬(城)

▽二塁打 安藝(板)遠藤駿(城)

 板野が接戦を制した。1点を追う七回1死二塁、森井の右適時打で安藝が還って同点。続けて八回も豊富雅の適時打で勝ち越し、主戦森井が七回以降を無安打に抑えた。城南は八回2死三塁の好機を生かせなかった。

徳島北

  000120000=3

  10400000×=5

川島

 (徳)前田−田口

 (川)藤田淳−川口

▽二塁打 坂井(徳)

 川島がリードを守りきった。一回2死一塁、敵失の間に森川が生還し先制。三回は藤田直の適時打など、打者一巡の猛攻で4点を追加し、序盤で突き放した。徳島北は四回と五回に3点を返すが、続かなかった。

新野

  012110000=5

  000200000=2

阿南工

 (新)折下、多田−湯浅

 (阿)井筒−福田

▽三塁打 高岡、折下(新)

▽二塁打 折下、湯浅(新)

 新野が前半に得点を重ねて勝利。二回、三塁打の高岡が湯浅の内野ゴロの間に生還し、先制。五回までに折下の適時三塁打などで計5点を挙げた。阿南工は四回、犠飛などで2点を返すが、相手の継投を崩せなかった。

 ◇笑顔で選手支え、夢は終わらない 城南・西森野手

 ○…城南は先制するも、八回に勝ち越され惜敗した。島一輝監督は「失点は2点以内に抑えて七回以降で勝負するという、イメージ通りの試合運び。選手はよくやってくれた」と振り返る。我慢の時、ベンチから支えたのが西森脩貴野手(3年)だった。3度の守備タイムアウトでは笑顔でマウンドに駆け寄り、仲間の表情も明るく変えた。直後はいつも相手の出塁を許さず、苦しい流れを断ち切った。島監督は「彼のおかげでうまく間を取れた。良い仕事をしてくれた」と感謝した。西森野手は数学の教諭になるのが夢。夏が終わり「秋も春も結果が出ず、頑張ってきたので悔しい」と涙があふれるが、指導者として野球に携わることも新たな目標だ。