第99回全国高校野球選手権香川大会(県高野連など主催)は16日、3回戦4試合があり、ベスト8の半数が決まった。

 レクザムスタジアム(高松市)では、シード1位の三本松が17安打を集めて善通寺第一に12−0で五回コールド勝ち。四国学院大香川西も15安打で香川中央を圧倒し、11−1で六回コールド勝ちした。

 四国コカ・コーラボトリングスタジアム丸亀(丸亀市)では、好機を生かした丸亀が3−1で藤井を降し、丸亀城西は観音寺総合に2−1で逆転勝ちを収めた。

 17日も2球場で3回戦4試合がある。レクザムでは高松商と高松南、四国Cスタ丸亀では昨夏優勝の尽誠学園と高専高松が対戦する。【山口桂子】

 ▽3回戦

 【レクザムスタジアム】

三本松

  73020=12

  00000=0

善通寺第一

 (五回コールド)

 (三)佐藤、安芸、香西−渡辺

 (善)細川、龍満−大森

▽本塁打 黒田(三)

▽二塁打 大久保(三)

香川中央

  100000=1

  310304=11

四学大香川西

 (六回コールド)

 (香)北谷、金本、大平−池野

 (四)前野、上野−松村

▽本塁打 鈴木(四)

▽二塁打 金本(香)松村(四)

 【四国Cスタ丸亀】

丸亀

  000002100=3

  000001000=1

藤井

 (丸)東山−岡本

 (藤)山上、山下−宮下

▽三塁打 村山2(丸)

▽二塁打 宮下(藤)

観音寺総合

  001000000=1

  00001001×=2

丸亀城西

 (観)細川、大森−三好

 (丸)大西、大前−清水

▽二塁打 水野(丸)