佐賀市呉服町の交流スペース「わいわい!!コンテナ2」が5周年を迎えた。市が委託する中心市街地活性化事業で、幅広い年齢層が集う子育ての場として注目を集め続けている。記念イベントも親子連れでにぎわった。

 事業では社会実験が2011年に始まった。動かして再利用でき、固定資産税も要らないコンテナ4基を空き地に置き、ワークショップを中心に開催するマット敷きの「交流コンテナ」などを無料開放した。来場者の9割以上が継続を希望し、12年6月から「コンテナ2」が始まった。

 5周年の記念イベントでは、長さ4メートルの壁画制作やビニール傘に絵を描くワークショップ、団子作り体験などがあった。週1、2回通っているという佐賀市の梅木幸代さん(39)は長女千咲ちゃん(3)と「半年前から自転車で通っている。いろいろな世代の人がたくさんいて、私も気分転換になる」と話した。

 コンテナは、国内外の雑誌や絵本などがあってクリーク(水路)を眺めながら読書ができる「読書コンテナ」、期間限定ショップや作品展示などが自由に開ける「チャレンジコンテナ」、授乳室完備の「トイレコンテナ」がある。開館は午前10時〜午後6時、月曜休館。問い合わせは090・9586・9445。【関東晋慈】