冬に私たちを悩ませるものといえば「肌の乾燥」。「肌が乾燥してかゆい」「肌がカサカサしてメイクがのらない」など、肌の乾燥について悩みをお持ちの方は多いことでしょう。
正しい肌の乾燥対策について皮膚科医で「ウォブ クリニック中目黒」総院長の髙瀬聡子先生に教えてもらいました。


 
かかとやひざ、手指の乾燥は毎日のお手入れで改善
●ガサガサ、ひび割れ、ストッキングが引っかかる「かかと」
かかと回りは、他の部位に比べて極端に皮脂腺が少ない部分です。その上、日常生活の中で
摩擦などの刺激が積み重なり、かかとの角質は硬くなるばかり。まずは硬く厚くなってしまった角質を取り除いてから、柔らかくなった肌を保湿しましょう。
 
足用のやすりで角質を削ります
1812p062_01.jpg入浴などで角質を軟らかくし、水分をしっかり拭き取ります。その後、足用のやすりで少しずつかかとの角質を削っていきます。
 
クリームやオイルをかかとに塗ります
1812p062_02.jpg油分が多い保湿用のクリームやオイルをたっぷり塗り、なじませます。かかと専用クリームだと、さらに効果を期待できます。
 
かかとを覆うようにラップを巻きます
1812p062_03.jpgかかとをしっかり覆うようにラップを巻き付けます。オイルやクリームが浸透しやすくなり、より保湿効果が高まります。

◎チェック!
ラップの上に靴下で保湿力アップ
1812p062_04.jpg2~3時間ほどで潤いを感じられるようになります。1週間続ければ、ふっくら柔らかなかかとに!

これはNG!
濡れたままの足でやすりをかけると、削り過ぎてしまうことがあります。必ず水分を拭き取ってから行いましょう。公衆浴場などの洗い場で行う場合も同様です。指で軽くつまめる柔らかさを目指しましょう。
 
 
●指先がかさつく、赤ぎれ、かゆい「手」
皮膚は濡れたままにしていると、水分と一緒に油分も奪われてしまいます。水仕事の後や手洗い後は、きちんと水気を拭取り、その都度、ハンドクリームで保湿するようにしましょう。また、綿製の手袋をはめるのも乾燥予防におすすめです。
 
ハンドクリームを指先まで塗る
1812p063_01.jpgハンドクリームを手の甲に塗ったら、指1本1本にも塗り込みます。指の上でくるくると小さな円を描きながらなじませましょう。
 
寝るときは、綿製手袋で保湿
1812p063_02.jpg就寝時は、ハンドクリームを塗った上から綿製の手袋をつけます。翌朝には手袋を外し、その都度、洗濯して清潔を保ちましょう。
 
 
●黒ずみ、ざらつき、カチカチ肌「ひざ」
ひざを突く仕事が多い人や頻繁にパンツをはく人は、動くときの摩擦でひざが黒ずんだり、硬くなったりしやすいもの。それ以外の人も、ひざの皮膚のターンオーバーが低下して角質が肥厚することでざらつき肌に。こまめな保湿ケアが必須です。
 
クリームをなじませつつマッサージ
1812p063_03.jpg保湿クリームをつけた手のひらをひざ上に置き、円を描くようにしながらもみほぐします。ひざ裏も同様にマッサージします。
 
太もものリンパを優しく流します
1812p063_04.jpg保湿クリームをつけた手で太ももをほぐします。ひざから脚の付け根に向けて、両手のひらで包み込むようにもみほぐします。
 
取材・文/笑(寳田真由美) 撮影/西山輝彦 モデル/永谷佳奈
 

<教えてくれた人>
髙瀬聡子(たかせ・あきこ)先生

皮膚科医、ウォブ クリニック中目黒総院長。「高機能・高実感」と「ラグジュアリー・クオリティ」を叶える化粧品「アンプルール」を研究開発。著書に『気になるパーツのスキンケア 2週間速効メソッド』(宝島社)。