不倫をする夫の心理とは?



夫が不倫をする気持ちがまったく理解できず、苦しむことがあります。家庭が冷めきっているわけではない場合、余計に気持ちが分からないでしょう。不倫をする夫の心理について紹介します。


バレなければいいと思っている

不倫をする夫は妻にバレなければ、やっても構わないと思っています。不倫をすることで妻や家族の心に深い傷を負わせるとは、考えていない場合も少なくありません。



なかには、悪いことをしている自覚が薄く「家庭のことに関わらない方が妻に迷惑をかけない」と、自分の間違った行いを正当化している場合もあるでしょう。



「不倫で嫌なことを忘れれば、仕事や家庭生活がうまくいく」などと思っている場合も、あるかもしれません。不倫の事実がバレない限り、どちらもうまくやれると高をくくっていることも珍しくないのです。


家庭以外で癒しを求めている

夫が「家庭内に自分の居場所がない」「家にいると疲れる」と思ったりしていると、不倫をしやすいでしょう。表立って問題がなくても、内心で不満が募っている場合もあります。



家庭で嫌なことがあっても、うまく立ち回れるように努力しようと考えることが一般的ですが、不倫に走る夫は家から出て羽を伸ばすことばかり考えがちです。



よそに癒しを求めた方が手っ取り早いと考え、問題と真剣に向き合いません。うまくやるには息抜きも必要ですが、通常は家族を傷つけない方法を選びます。倫理観が偏っているので、不倫に癒しを求めてしまうのでしょう。


性欲を満たしたい

睡眠欲や食欲と同じように、性欲に抗えない男性は少なくありません。夫婦間で性的な接触が一切ない状態では、不倫に走ってしまうことがあります。



妻との性交渉で満たされていなかったり、不倫相手と体の相性がよかったりする場合も、不倫に走りやすいでしょう。性的な欲求が強い場合、やめたくてもやめられない状態に陥ることが大半です。



夫婦間に性交渉があるのに夫が不倫をするケースでは、妻が自分に満足していないのではないかと、不安を感じていることが珍しくありません。男性は「より自分を求めてくれる女性」に、執着心を抱くことがあるのです。


夫と不倫相手を別れさせるには



夫婦関係をやり直したい場合、夫に不倫相手との関係を清算してもらわなければなりません。しかし、深くのめり込んでいる場合、目を覚まさせることは簡単ではないでしょう。



はやく関係を終わらせようと焦ると失敗しやすいため、じっくりと取り組む必要があります。夫と不倫相手を別れさせる方法をチェックしましょう。


不倫相手と話し合う

まずは、夫の不倫相手を確定させ、話し合う機会を持ちましょう。不倫をしているのかどう疑わしい状態では「曖昧な追求」しかできず、相手に話をかわされてしまうことがあります。



自分で「決定的な証拠」をつかめない場合、探偵に浮気調査を依頼するのもおすすめです。費用はかかりますが、プロに依頼すればはっきりとした証拠を手に入れられるでしょう。



不倫相手は妻が何も知らないと強気な態度に出てくる場合があるので、できれば「不倫相手の住所や職場などを突き止めた状態」で、連絡を取ることが好ましいです。


慰謝料を請求する

不倫をされた場合、夫だけでなく相手にも慰謝料の請求が可能です。不倫相手と話してもまったく反省する気配もなく、悪いとも思っていない場合、すんなりと別れてくれるとは考えられません。



お金の問題ではないと感じる人もいるかもしれませんが、けじめをつけるためにも慰謝料を支払ってもらいましょう。不倫相手の住所や勤務先が分かっていれば、給料を差し押さえられます。



このとき「不倫をやめないと職場に言う」などと伝えると、脅していることになってしまうので、不利な立場に追い込まれないように、言葉遣いには注意しましょう。


不倫相手に会う・連絡を取る際のポイント



不倫相手と接することはエネルギーを使います。特に、相手がまったく悪いと思っていない場合はストレスがたまるでしょう。うまく別れてもらうために知っておきたい、不倫相手と接するときのポイントを紹介します。


感情的にならない

夫が不倫をしていることが判明したとき、一刻もはやく別れさせたいと感じる妻が大半でしょう。しかし、感情を抑えて行動しないと、自分の「不利になる言動」をしてしまう可能性が高まります。



怒りに燃えているときは、いったん冷静になるための時間をおきましょう。不倫相手に怒りを感じるのは当然のことですが、冷静な気持ちにならないと、話し合いが失敗してしまいます。



スムーズに交渉できなければ、何度も顔を合わせて嫌な思いをすることにもなりかねません。不倫相手と連絡を取る目的は、今後に向けての話し合いと取り決めを交わすことなので、目的を間違えないようにしましょう。


第三者に立ち会ってもらう

当事者同士だけで話し合うと、うまくいかないことがあります。一人で不倫相手と会うのが不安な場合「信頼できる人物」や「弁護士」などに、立ち会ってもらうことがおすすめです。



第三者がいることで冷静な気持ちになれますし、不倫相手に言いくるめられそうになったときや、くじけそうになったときも心強い味方となってくれます。



法律のプロに依頼すれば、誓約書への捺印や慰謝料の請求などもスムーズです。費用面の不安がある場合、無料相談を利用して相談してみるとよいでしょう。


不倫をした夫との関係を再構築する方法



夫婦がやり直すには、お互いに辛抱が必要になります。妻は夫が不倫していても、うまくいっていたときのことや、別れた後の暮らしのことなどを考えると、簡単にはあきらめられないものです。



やり直したい気持ちがある場合、同じ過ちを繰り返させないためにも注意しなければなりません。夫婦の関係を再構築するために、おすすめの方法を見ていきましょう。


夫婦間でルールを作る

交際しているときや新婚のころは、お互いのスケジュールを気にして行動することが多かったでしょう。だんだんと、関係がマンネリ化するとともに、何をしていても気にしない状態になってしまうことがあります。



お互いの予定を把握し気にかけた方が、自然と浮気しづらい状況を作り出せるでしょう。あまりに細かすぎると監視されている気分になりますし、チェックするのも大変です。



1週間ごとの予定をあらかじめ知らせるなど、できる範囲でルールを設けましょう。「お互いに意見を出し合って決めること」が成功のポイントです。どちらかに一方的に有利なルールにならないように配慮しましょう。


夫を責め続けない

難しいことですが、いったん事態が収束したら、夫を責め続けないことが大事です。口論になる度、不倫した事実を持ち出していれば、うまくいきません。



言葉にしなくても「嫌な思いをさせられたのだから、このくらいやってくれて当然」という態度でいれば、夫は夫婦関係をやり直すことが嫌になるでしょう。



簡単に許せる行いではないので、怒りが長引いてしまうことは仕方のない部分がありますが、自分に正義があると思うと、相手の気持ちを考えず強い態度に出てしまいがちです。



責められ続けると夫は家にいることが嫌になり、再び不倫をする悪循環に陥ってしまうこともあります。どうしても気持ちをコントロールできない場合、信頼できる人に話を聞いてもらうことがおすすめです。


関係性を見直す

夫の不倫に向き合う過程で妻が「自分にも悪い点があったかも」と思えるのであれば、関係をやり直せる可能性は高いといえます。相手に変わってほしいと思うなら、自分も変わることが必要です。



これまでの関係性を見直し、改善できる部分を見つけましょう。現実を直視することがつらい場合もありますが、やり直したいと考えているなら必要な過程となります。



冷静に関係を見つめ直してみると、改善点が見つかるはずです。例えば、夫婦でよく話し合う時間を持ち、たまには2人で過ごす時間を作るなど、色々と見つかるでしょう。


まとめ


夫に不倫をされると心の傷が残り、立ち直るのは簡単ではありません。夫婦関係をやり直すには、かなりのエネルギーを必要とするでしょう。



法律上、夫の不倫相手には慰謝料を請求する権利があるので、不倫相手の住所や職場などを突き止めておくことがおすすめです。もし、未払いになっても、給料を差し押さえられます。



夫婦関係をやり直すには、夫と辛抱強く何度も話し合いを重ねることが大事です。夫婦の間のルールを決め直し、お互いに変わる努力をしましょう。