今回も前回に続き、雨かんむりの文字の問題です。

さらに雨かんむりがつく文字とは・・・

「」「」ときて、今回の「雹」も雨に関する天候です。さて、どのような天候かおわかりになりますでしょうか。
ヒント:5月〜6月の初夏に時々起こる現象で、ニュースになったりもします。

気になる正解は・・・こちら↓

正解は・・・・













「ひょう」
「ひょう」も氷の粒ですが、「あられ」との違いはお分かりでしょうか?株式会社ポッケが運営するお天気.comによると「ひょうは直径5ミリ以上の氷の粒が大きくなった氷の塊」とのことで、「あられ」とは氷の粒の大きさで区別されるようです。ひょうは大きな粒になると、ゴルフボールサイズほどにもなるそうで、空から降ってくると危険ですし、農作物への被害などもあるそうです。
「あられ」は冬の季語でしたが、「ひょう」は初夏の季語になっています。


参照記事: