しいたけの食物繊維パワーで腸内環境改善!


腸は「第二の脳」と呼ばれるほど、脳と密接に繋がっている臓器です。病原菌の感染などで腸内環境が乱れてしまうと、脳へ瞬時に信号が送られ、不安やストレスを感じるのだとか。



今回注目するしいたけには、善玉菌の餌となる食物繊維が豊富に含まれています。腸内に溜まった老廃物を絡め取って排出を促す「不溶性食物繊維「」のほか、コレステロールの排出を促す「水溶性食物繊維」を含んでいるそうです。



これら2つの食物繊維の働きによって、不要な老廃物を溜め込まない体質への改善が期待できます。便秘でお悩みの人は、しいたけで腸内環境を健康な状態に整えることができるかもしれません。


菌活レシピ「しいたけとブリのカレーエスカベッシュ」


エスカベッシュとは、マリネ液を使う地中海料理。日本でおなじみ南蛮漬けの元になったともいわれています。夏場もさっぱりいただける一品です。


材料

・ブリの切り身 2切れ

・しいたけ 2〜3枚

・塩 少々

・小麦粉 大さじ1

・タマネギ 1/2個

・ニンジン 1/3本

・パセリ(みじん切り) 大さじ1

・オリーブオイル 小さじ2

・揚げ油 適量


マリネ液の材料

・おろしニンニク 小さじ2

・塩、カレー粉 各小さじ1

・ブラックペッパー 少々

・酢、料理酒、オリーブオイル 各大さじ2

・レモン汁 大さじ1

・水 100ml

・鷹の爪 1/2本


作り方

1. ブリの切り身に塩を振りかけ、10分ほど置きます。

2. タマネギとしいたけは薄切り、ニンジンは千切りにします。

3. フライパンにオリーブオイルを熱し、2の具材を2分ほどさっと炒めます。

4. 1のブリの水気を拭き取り、小麦粉を薄くまぶしたら170度の揚げ油でカリッとするまで揚げましょう。

5. バットに4のブリを並べ、3の具材とパセリをのせます。

6. マリネ液の材料をボウルで混ぜ合わせ、5に回しかけます。味が馴染むまで10〜15分ほど置いたら完成です。


菌活レシピ「しいたけ入りチリコンカン」


豆を煮込むチリコンカンはアメリカでポピュラーなメキシコ風料理。今回はお肉を使わない「しいたけ入りチリコンカン」をご紹介します。市販のナンやトルティーヤにトッピングしてお召し上がりください。


材料

・水煮大豆 150g

・しいたけ 5枚

・タマネギ 1個

・ピーマン 2個

・ニンニク 1片

・塩、コショウ 各適量

・サラダ油 適量


ソースの材料

・トマト缶 1缶

・白ワイン 50ml

・チリパウダー 大さじ1

・クミンパウダー 小さじ2

・コンソメの素(顆粒) 小さじ2


手順

1. しいたけ、ピーマン、タマネギ、ニンニクをみじん切りにします。

2. フライパンにサラダ油を熱し、1のニンニクがほんのり色づくまで炒めます。

3. 2にタマネギ・しいたけ・ピーマンを加え、しんなりするまで炒めます。

4. 3を鍋に移し、水気を切った水煮大豆とソースの材料を加え、蓋をして火にかけます。

5. 4が煮立ってきたら弱火にし、30分程度煮込みます。

6. 仕上げに塩コショウで味を整えたら完成です。


心身の不調は美容にも悪い影響を及ぼす可能性が。食物繊維が豊富なしいたけを食べて、身体の内側から健康的なボディを手に入れましょう!