美容にも! メロンの見逃せない栄養分とは


甘くてジューシーなメロンは、大人から子どもまで大人気のフルーツ。そんなメロンに見逃せない栄養分が含まれていることをご存知ですか? 「デザートにメロン」は、自粛生活疲れやストレス解消に最適かもしれませんよ。


クエン酸

メロンの酸味でもあるクエン酸には、疲労物質である乳酸の代謝を促す働きがあります。このため、疲労回復・スタミナ維持の効果が期待できます。


GABA

アミノ酸の一種であるGABAは、興奮神経伝達物質の過剰分泌を抑えて脳内の興奮を和らげる作用があります。このリラックス効果により、ストレスを和らげ気持ちが安定。また、睡眠の質も上がるといわれています。


糖質

メロンに多く含まれる糖質は、体に入るとエネルギーに変換されます。疲労や夏バテの際、エネルギー補給にぴったりなフルーツだそう。


βカロテン・カリウム

赤肉メロンに多く含まれているβカロテン。皮膚の新陳代謝を高める働きがあるため、目の疲れ緩和や美肌に効果が期待できるでしょう。また、体内の余分な塩分や水分を体外に排出するカリウムは、むくみを改善するなどダイエットの強い味方になってくれます。


おいしいメロンの選び方&食べ方は?


スーパーなどで販売されているメロンには、カットされたものと丸ごとのものがあります。家族でたっぷり食べるには、丸ごとを選びたいですよね。そこで、おいしいメロンを選ぶポイントをご紹介します。



1. ツルの中心部が太くてしっかりしている

2. 色や網目模様が均一

3. ずっしりと重い



また、メロンの栄養を残すところなく摂る方法はメロンジュースです。メロンのタネとワタの部分には栄養がぎっしり。ジュースを作る際は、果肉と一緒にタネとワタもミキサーにかけると、栄養を効率よく摂ることができるでしょう。



日常生活の制限が続いて溜まったストレス。旬のメロンを食べてリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。