小さく可愛らしい見ためだから、つい買ってしまったミルクピッチャー。しかし、コーヒーや紅茶を飲むときに実際にミルクを入れて使うこともなく、結局、食器棚の奥にしまいっぱなしという人もいるはず。何か良い使い道はないものかと調べたところ、ありました!

ペン立て、フラワーベース、キーホルダーなどに使える

本来の使い方以外に、どんな用途で活用できるのか、TwitterやInstagramで「ミルクピッチャー」と検索してみたところ、いろんなアイデアを発揮している人が多くいました。なかでもよくみかけたのは、フラワーベースや一輪挿しとして花を飾る方法。ミルクピッチャーのような小さくて邪魔にならないサイズであれば、食卓などにも飾りやすいですよね。

他の方法としては、喫茶店でコーヒーを頼んだときに出てくるようなステンレス製のミルクピッチャーをキーホルダーとして使ったり、少し大きめのものをペン立てに使用する。飴やサラダドレッシングなどの食べ物系を入れるために使っている人もいたのですが、変わったところ(?)では、グラノーラを入れてオシャレな朝食のスタイリングに用いる人も。

ミルクピッチャー自体がオシャレアイテムとして優秀なので、サイズさえ合えばキャンドルを入れたり、ぬいぐるみを入れたりしてインテリアとして使っても◎。

また、ミルクピッチャーは100円均一ショップで購入できることもあるので、多肉植物などの観葉植物とセットで買って、ミルクピッチャーに植物を植える方法もあります。安価で可愛い小物を作れるのがうれしいですよね。

ちなみに、インテリアグッズとしてではなく、ヘアピンや爪楊枝、綿棒などの小物を整理するためにも活用できます。

オシャレで使い勝手抜群のミルクピッチャー。もしも、自宅に眠っているものがあるなら、今回紹介したような方法で、上手に生活のなかに取り入れてみてください。
(文・山手チカコ/考務店)