ちょっとリッチなアイスとしておなじみの「ハーゲンダッツ」。自分へのプチご褒美として、定期的に買っている人も多いのではないでしょうか。そんなハーゲンダッツから、またまた新作が登場したことをご存じでした?

「ベリーベリーミルク」

2020年5月26日(火)、ハーゲンダッツより新たに発売されたのが、「ベリーベリーミルク」というフレーバー。ミニカップでもクリスピーサンドでもなく、バータイプのハーゲンダッツです。

この「ベリーベリーミルク」は、コクのあるミルクアイスクリームを濃厚な甘み&酸味が特徴のブルーベリー果肉、甘酸っぱいミックスベリー果汁(ストロベリー&ラズベリー)の2層でコーティングしたもの。果肉感あふれるブルーベリーと濃厚な味わいのミルクが混ざり合う、爽やかなアイスだとか。

ハーゲンダッツ史上No.1の爽やかさでは……?

濃厚なミルクの味わいが魅力のハーゲンダッツですが、最近は「ゴールデンベリーのレアチーズケーキ」や「苺とブラウニーのパフェ」(どちらもミニカップ)など、フルーティーな爽やか系も増えてきましたよね。とことん濃厚なハーゲンダッツをずっと食べてきた筆者としてはその爽やかさが新鮮で、自分の中での“好きなハーゲンダッツランキング”では上位を占めているのですが、「ベリーベリーミルク」がNo.1に踊り出ました!!

このように3層になっていて、中央にあるミルクアイスは、まさにハーゲンダッツらしい濃厚な味わい。しかし、ブルーベリー果肉コーティングとミックスベリー果汁コーティングの酸味が驚くほど強くて、顔をしかめてしまうほどすっぱいんです!

これまでは、“ミルクがメインでフルーツがアクセント”といった感じでしたが、「ベリーベリーミルク」は逆で、“フルーツがメインでミルクがアクセント”な感じ。こんなにサッパリとしたハーゲンダッツは、初めてかもしれません。

だんだん暑くなってきて、「ベリーベリーミルク」のような爽快感あふれるアイスがおいしい季節に。パンチのある強い酸味で気分もリフレッシュできそうですよ。
(文・明日陽樹/TOMOLO)