一般的なフルーツポンチは、シロップ(またはお酒)といろんなフルーツが入っているものですが、現在SNS上で話題になっているのは、噴水フルーツポンチと呼ばれるもの。材料はほとんど一緒ですが、作り方が特殊で楽しいんです!

ソーダのなかにラムネを入れると噴水のようになる

先日、テレビでも取り上げられた影響もあってか、現在Twitter上では「噴水フルーツポンチ」がじわりブーム? 「噴水フルーツポンチ」で検索してみると、実際に試してみた人のツイートが多数出てきます。

“幼児のおやつ、サイダー噴水フルーツポンチ作った
めちゃんこ大好評でびっくりー“

“友達とBBQして、噴水フルーツポンチやってくれた??
三ツ矢サイダーにメントス入れて作ってくれたよ^_^“

動画付きのツイートもあり、ペットボトルのなかからソーダが噴水のように溢れ出ていてとても楽しそう。作り方はとても簡単なので、実際に作ってみました。

【材料】
・ソーダ…500ml
・フルーツ…お好みの分量
・ラムネ…数粒

【作り方】
1)ソーダの入ったペットボトルをキレイに洗う
2)ボウルのような深めの器の中心にペットボトルを設置する
3)ペットボトルのまわりにフルーツを入れる
4)ソーダのなかにラムネを入れて噴水にしたら完成

【ポイント】
フルーツは市販のフルーツ缶などでOK。ラムネ以外ではメントスを使っても噴水にすることができますが、入れ過ぎてしまうと想像以上に噴き出してしまう可能性があるので、ご注意ください。

味に関しては、一般的なフルーツポンチとさほど変わりはなく、おいしくいただくことができますが、噴水フルーツポンチの一番の良さは、なによりもラムネをソーダに入れた後の数秒間! 噴水状態はすぐに終わってしまうので、大勢で楽しむ場合は見逃さないようにスタンバイしましょう。

これからの時期にぴったりのさわやかなスイーツ。動画撮影すれば、夏の思い出としても残せるので、家族や友人と楽しんでみてくださいね。
(文・山手チカコ/考務店)