少子高齢化による労働人口の減少で、採用を取り巻く環境は一段と厳しさを増しているなか、新型コロナウイルスの感染拡大が、さらに追い打ちをかけている。こうした厳しい状況下にあっても、企業が成長を続けていくためには、優秀な人材の確保が必要だ。

売り手市場にある採用環境下では、求職者はさまざまな方法で求人情報を収集していくことが予想されるが、企業側は、より多くの求職者の目に留まるように、自社の情報を届けていくことが、強く求められることになる。

そこで、応募者の獲得から採用までを一元管理できるクラウドサービス「ジョブカン採用管理」(株式会社Donuts)が着目したのが、求職者が日常的に見るSNSの活用による、低コストで効率的に情報を届けることができる「ソーシャルリクルーティング」である。

株式会社Donutsが提案する「ソーシャルリクルーティング」にFacebookが応じ、「ジョブカン採用管理」と「求人情報 on Facebook」の連携が実現し、「ジョブカン採用管理」で作成した求人情報をFacebook内「求人情報 on Facebook」に掲載することが可能となったのである。

採用環境が厳しいとはいえ、人材確保のために、莫大な予算を投じるわけにもいかない。採用環境以上に厳しいのが経済環境で、採用担当者に求められるのは、コストを抑制しながらの効率的な人材確保だ。

国内月間アクティブユーザーが2,600万人にのぼるFacebookの「求人情報 on Facebook」と、シンプルなデザインと操作性で人気の「ジョブカン採用管理」の連携は、採用コストの削減と、求人企業と応募者をスピーディーにつなぐことが期待される。今後、新機能も続々と追加していく予定だという。

詳しい内容は「ジョブカン採用管理」で確認することができる。

ジョブカン採用管理

「ジョブカン採用管理」は、応募獲得から採用決定までの業務を “一元管理” するサービスです。あらゆる経路からの候補者情報を自動で集約。日々の事務作業を効率化します。