海外では一般的なSNSを利用した新しい採用手法「ソーシャルリクルーティング」。日本でも採用する企業が増えつつあるものの、どのように使えばいいのかわからず、なかなか踏み出せない採用担当者も多いのではないでしょうか。そこで、ソーシャルリクルーティングのメリットやその効果、手法などをまとめてみました。

双方向でのコミュニケーションが可能なSNS

人材不足が深刻化するなか、コロナ禍の影響で求職者へのアプローチが難しくなっています。これからの時代は、ソーシャルリクルーティングが重要な採用手法となっていくことでしょう。

今の時代、スマホ利用者の9割以上が、SNSを利用しているとされています。双方向でのコミュニケーションができるSNS(ソーシャルネットワークサービス)を、企業の情報発信や採用手法に効果的に活用することは、企業に大きなメリットをもたらすとされています。

では、「ソーシャルリクルーティング」によって、企業に、どのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

ソーシャルリクルーティングのメリット

ソーシャルリクルーティングと、これまでの採用手法の大きな違いは、質疑応答などで双方向のコミュニケーションがとれることです。

つまり、企業側にとっては、求職者の考え方などを知ることができ、自社に適した人材かどうかの判断材料を事前に収集することもできますから、採用に関する余分なコストを削減することにつながります。

採用コストの削減でいえば、SNSが持つ拡散力によって、幅広い求職者へのアプローチが可能となります。多くの求職者にアピールするためには、広告の出稿を多くしなければなりませんから、その費用も広告出稿量に応じて膨らみます。

しかし、SNSは、関係性が強い人同士でつながっているソーシャルメディアですから、友人や知人にも情報がたちまち拡散していきます。その結果、新たな求職者を拡大することにもつながるでしょう。

ソーシャルリクルーティングを成功に導くカギ

SNSならではの特徴を活用すれば、採用コストの削減や求職者への幅広いアプローチなど、企業にとってはメリットも大きいようです。

ましてや、新卒一括採用から通年採用への流れが加速しているなかで、必ずしも優秀な人材が就職・転職市場に出ているとは限りません。しかし、SNSの拡散力は、そういった人材を探し出すこともできるようになります。

そのためには、興味を持った求職者が、簡単に企業理解を深めるための情報にアクセスできる状況を、作っておく必要があるでしょう。ソーシャルリクルーティングを成功に導くカギとなるのは、企業と求職者が円滑にコミュニケーションできる仕組みづくりです。

これまでの採用手法は、募集広告などで企業から一方通行のメッセージを送るだけでした。でも、一方通行では、本当に企業が求めている人材が応募してくるとは限りません。企業が伝えたい情報だけを発信していても、興味は持たれることは少ないでしょう。

求職者が興味を引くような内容や、有益なコンテンツを発信することがポイントです。また、頻繁に更新した方が、注目度は高くなります。なによりも大切なのは、継続的に発信を続けることです。

企業に合ったSNS選びも重要

SNSを活用することは、採用だけでなく、広報のコスト削減にもつながります。企業文化や社風が伝わるような情報などを、定期的に発信していくこともできます。

会社のイメージアップにもつながりますし、さまざまな情報を発信することで、新たなフォロワーの獲得にもつながるでしょう。SNSは拡散力があるため、シェアされることによって、企業の認知度を高め、それが優秀な人材確保もしやすくなると考えられます。

代表的なSNSといえば、Facebook、Twitter、Instagramがあります。

Facebookは、登録者の年齢層が高いため、実力のある中途に向けての情報発信に向いているといえるでしょう。

Twitterは20代のユーザーがもっとも多く、拡散力があります。多くの人に求人を見てもらえる可能性が高いです。

Instagramは画像や動画などで社内の雰囲気などを伝えるのに適しているでしょう。

このようにそれぞれに特徴がありますから、企業にあったSNSを活用することが、ソーシャルリクルーティング成功のカギ握ることになりそうです。

まとめ

企業と求職者の双方がコミュニケーションを深めることこそが、ソーシャルリクルーティングの最大のメリットではないでしょうか。ポイントは、「自社の目的に合わせたSNS選び」「ニーズに応じた情報発信」「相互のコミュニケーション」のようです。