政府が主導する働き方改革によって、国内の労働環境は変化を続けています。さらに新型コロナウィルスの影響もあり、働き方そのものが多様化してきました。その中で、副業のポジションも様変わりしています。

一般企業の従業員が、本業以外に副業を始めることは今や珍しくないことです。では、経理や人事などの管理部門の場合はどうでしょうか?
この記事では、管理部門の方が自身の経験を生かして始められる副業について紹介します。


マッチングサービスを利用する

管理部門で培ったスキルを生かすなら、現在はマッチング・プラットフォームに登録するという方法があります。これは専門的なスキルを持つ人材を求める企業と、フリーランスや副業で働く人材とをマッチングさせるシステムです。

実際に登録ページを確認してみると、企業が求める人材が多岐にわたるため、管理部門での経験を生かせるさまざまなプロジェクトがあります。経理・人事・法務・総務など、自身が身につけたスキルを活用でき、副業を始めるきっかけには最適な選択肢といえるでしょう。

ビジネス経験で講師を目指す

本業の知識をダイレクトに生かして、オンラインでのビジネスの講師として活躍することも可能です。現在は副業をする人だけでなく転職する人も増加しています。そうした人材に自身のビジネススキルを教えることが、こうしたオンライン講師の主な仕事です。

オンライン講師も前述したマッチングサービスと同様に、講師としてサービスに登録しておき、そのスキルを学びたい相手がいる場合に、サービス側から依頼が入るシステムです。大手の家庭教師サービスでも、近年では大人向け家庭教師に力を入れるようになってきました。これからは、自分が持っているビジネススキルを商品にできるのです。

求人でオンライン副業を探す

本業で働いていると、副業のために使える時間は限られるはずです。おそらく本業が休日の場合に限定される上、現場に出向いて働く仕事は難しいのではないでしょうか。

それならオンラインで可能な仕事に絞って、求人サイトを探してみるのもよいでしょう。管理部門を任されているのは、そこに至るまでに多くの技術や経験を蓄えてきたからこそ。そうしたスキルを求めている企業は数多く、人材不足と言われている昨今では、優れた人材を外部に頼るケースも増えています。

オンラインなら週に1〜2日の休日と、平日本業が終わってからの時間を上手にやりくりすれば、徐々に仕事の幅を広げられるかもしれません。
これらの副業も、インターネットの求人サイトから探すことになるでしょう。

クラウド・ソーシングを活用する

現在フリーランスとして働く人々が利用しているのが、クラウド・ソーシングによる業務委託システムです。基本的にはマッチングサービスなどと同じように、運営事業者にワーカーとして登録し、自分に合った副業を見つけて応募する仕組みです。

どちらかと言えば技術系の需要が多く、管理部門の方が最初からレベルの高い仕事に就くことは難しいかもしれませんが、資格をお持ちの方などには向いているかもしれません。
実績を重ねて行くとレベルアップも可能で安定的に仕事を受注できるようになります。自分のスケジュールに合わせて仕事を選べることも大きなメリットです。

副業する上で注意すべきこと

副業に対してプラスの意識を持っていない企業もあるでしょう。理由としては、結果的に長時間労働を容認することになってしまう点と、副業が転職のきっかけになることを恐れる点が挙げられます。

副業を始める際には、そうした勤務先企業の懸念を払拭する必要があります。本業の勤務先の就業規定に従って、あらかじめ副業を行う意思を伝えておくべきです。会社に隠れて副業を始めたりすると、責任問題にもなりかねません。

もう1つ重要なことですが、本業と同じような業種で副業に就く場合、情報管理を適切に行う必要があります。もし情報漏洩で疑われると、進退問題にまで発展するかもしれません。こうした注意点を慎重に考慮した上で、本当に副業が可能かどうかを見極めることが重要です。

まとめ

近年ビジネスパーソンの働き方は多様化してきましたが、国内企業の意識は依然として体質改善が進んでいないようです。しかし社員の副業を解禁する流れは、国の政策とも相まって今後はより広がってゆくでしょう。

企業内で重要な業務を担う管理部門職種の方も、これからは積極的にキャリアアップを目指す時代です。管理部門で培ったスキルを生かして、自分にしかできない働き方を見つけてみてください。