SEO対策、Web広告、Webサイト制作等のWebマーケティング事業と、営業支援ツール「ネクストSFA」等を活用したクラウドセールステック事業を展開して、Web上における集客から受注までの全てのプロセスを一社完結で支援し、DX推進にも貢献する株式会社ジオコード。2005年の創業以来、業績を順調に伸ばしてきた同社は、2020年、東証JASDAQ市場に上場を果たした。今回は「社会の規範となる、唯一無二の魅力的な会社を創る」という企業理念を掲げるジオコードで、CFOを務める吉田知史氏に会社や仕事内容などについて話を伺った。

会計士2次試験で思わぬ苦戦

−まずは吉田さんの経歴を教えていただけますか?

出身は埼玉県の川口市です。川口は鋳物の街として有名で、実家はここで祖父の代から鋳物工場を営んでいました。私は長男でしたので、将来は三代目として家業を継ぐのが当たり前だと考えて、大学は工学部で材料系のある京都大学工学部工業化学科に進学しました。しかし最終的には材料系ではなく量子化学を専攻していました。

−量子化学ですか!?今のご職業とはまったく縁が無いように思えますが…

一般的にはそうですよね。でも本人的には、物の見方や考え方として今でもとても役に立っているのですが(笑)大学四回生の頃でしょうか、実家の鋳物工場を私の代で継続・発展させていくことは、当時のビジネス環境などから判断して難しいのではないかと考え始めていたので、結局大学院には進んだのですが、当時学問的に興味のあった量子化学を専攻することにしました。

また鋳物産業に限らないですが、装置産業において利用される専門技術分野は、一度パラダイムシフトが起きてしまうと、途端に価値のないものになってしまう危険性を孕んでいると思うようにもなっていました。例えば、写真感光技術がそうかもしれませんが、写真や映画といった映像の世界でデジタル化が進展したことによって、フィルム産業は構造的な大変革を迫られ、それに対応できなかった世界的な大企業が倒産したりしていましたよね? 同じように、仮に実家を継がないにしても、化学系や材料系といった装置産業に就職して一つの細分化された専門技術分野だけを突き詰めてやっていたら、その産業が衰退したときに困るのではないかと考えました。

−そこから会計士を目指すことになるのですか?何かきっかけはあるのでしょうか?

たまたま大学生協の書籍コーナーで資格関係の本を手に取ったところ、中学・高校時代の陸上部でお世話になった先輩が、公認会計士2次試験に合格されて載っていたのです。いわゆる合格体験記ですね。身内の影響もあって会社経営というものに関しては漠然と興味をもっていたこともありますが、会計士は業種・業態を問わず汎用性のあるスキルだと直感し、自分も目指そうと思い立ちました。そして思い切って、大学院を休学して東京に戻り資格試験の勉強を始めました。

−量子化学からは大きな転換ですが、試験はスンナリと合格されましたか?

いえいえ、とんでもない!会計士の試験を舐めていました。文系の暗記の世界は違和感がありすぎて、全体がまったく見えず頭に入ってきませんでした。これまで公式などは暗記せずに、その場で原理原則から必要な式を導いて試験に臨むタイプだったので、いきなりポンと、さぁ覚えてくださいと言われても…資格試験の専門学校もまったく私に合いませんでした。

結局試験からは一度距離を置き、会計事務所系コンサルティングファーム(現 アビームコンサルティング株式会社)に就職し社会人“経験””ならぬ社会人“体験”をしてから再度試験に挑戦しました。苦労の末になんとか合格することができましたが、既に31歳になっていました。

オールドルーキーがいきなりの抜擢

−そこから監査法人に入所され、会計士としてのキャリアがスタートするのですね。

1999年に朝日監査法人(現 有限責任あずさ監査法人)に入所しましたが、なにせ30歳を過ぎたオールドルーキーですからね。監査法人も期待はしていなかったと思います。入所から2年間は、上場企業でも比較的中小規模の会社や非上場の商法監査対象会社を現場スタッフとして担当していました。ただしこれは大変勉強になりました。大企業の監査では財務諸表のほんの一部の科目しか担当することができませんが、中堅・中小企業の担当であれば会社全体の動きを俯瞰して見ることができます。この経験は現在の仕事にもすごく役立っています。このときの仕事内容や会計士補時代の実務補修所修了時に銀賞を受賞したことなどが評価され、事業部再編後に所属することになった金融事業部では大手メガバンクグループの監査チームに入ることができました。これは大抜擢でしたね(笑)

それから監査法人を退所するまでの約3年間は、大所帯の監査チームの一員として、質・量ともにハイレベルな監査環境で毎日を過ごすことになりました。ここで経験した仕事の内容や進め方、人間関係は、その後のキャリアの基礎になったと思っています。

−その後は財務アドバイザリーファームに転職されますよね。

はい。監査法人でも十分に評価されていたと思います。ただ、中学・高校時代の先輩や会計士受験生時代に同じ教室で勉強していた人たちが、当時すでに有名だったITベンチャー企業で活躍され出世していくのを目の当たりにして、将来会社経営に携わるようになりたいという会計士を目指した頃に抱いていた目標を改めて思い起こしました。

財務アドバイザリーファーム(現 EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社)では、M&A案件や企業再生案件における財務デューデリジェンス業務と、会計分野のコンサルティング業務を主に行っていました。ディレクターという立場でプロジェクトを進めていくなかでの交渉事や各種契約内容の調整など、ある種「何でも屋」であるベンチャー企業のCFOにとって役立つ経験がいろいろありました。

43歳でベンチャーに飛び込みIPOを成功させる

−そして2012年、アイビーシー株式会社の管理部長に就任されます。

アイビーシーでは、それまでの経験を活かしつつ、次から次へと発生する課題に対応し続けました。途中激務がたたって2回ほど倒れて救急搬送なんてこともあり、なかなか一筋縄ではいきませんでした(苦笑)が、入社から4年目の2015年9月になんとかIPOを成功させることができました。そして、翌年2016年11月には東証一部への市場変更も果たすことができました。こちらの会社では最終的に取締役経営管理部長になっていましたが、経営管理体制の整備も漸くひと段落したころに、今度は身内に生死に関わる大病が判明し、入退院を繰り返していたこともあったので、2017年6月末をもって取締役を退任させて頂き、それから半年間は身内のフォローと、私自身の充電時間に充てていました。

−それは本当に大変でした。IPOに向き合うCFOは、やはり激務なのですね。ですがその後、現在の会社に入社されます。なぜ大変であることがわかっていて、またCFOを?

一言で言うと、やり切っていない感があったのです。前職を退任したあと、秋頃から20社ほどにコンタクトしました。この間いろいろな経営者の方のお話を伺う機会があり、再び事業会社でCFOをする方向で考えが徐々に固まっていきました。ただし会社は慎重に選びたかったので、現在の会社とも2ヵ月くらいかけて何度も面談を行ってもらいました。最後は上場企業のCFOかIPO準備会社のCFOかで非常に悩みましたが、もう一度IPOに携わろうと決意して最終的な結論を出しました。

やりがいの大きいIPOとCFO

−それほどIPOとはやりがいのあるものなのですね。CFOとしてそれを成功させる醍醐味もあるのでしょうか?

IPOによって会社のステージが変わりますが、そこに所属する人たちの意識や行動も変わっていきます。この会社と人がダイナミックに変化・成長していく場に立ち会えるというところに、非常に面白みがあるのだと思います。

監査法人もコンサルティング会社も、外からIPOを応援している立場であって当事者ではありません。もちろん私がこれまでに経験してきた会計監査や財務アドバイザリー業務もそれぞれ突き詰めていけば奥が深いですし、仕事としての魅力もたくさんあります。しかしあくまで黒子としての立ち位置にとどまるのです。

自分が主役の一人だというと言い過ぎだと思いますが、CFOの魅力は、会社という生きた組織を当事者の一人として、主体的に設定した目標に向けてダイナミックに動かしていくことができるという点にあります。会社をプライベートカンパニーからパブリックカンパニーへと大きく変化させることになるので、心身ともに相当タフでなければ務まらない仕事ではありますがね。

−CFOに必要な能力としてはどのようなものがあるとお考えですか?

一定レベルのファイナンスや会計、法務等の知識、ビジネス全般に共通する論理的思考と判断力、それを他の人に伝えるコミュニケーション能力が必要でしょう。このコミュニケーション能力には交渉力も含みます。それと体力と運!(笑)私は「知力・体力・時の運」と言っていますが、上場予備軍の中から上場できる会社は年間100社に満たないのです。最後は時の運が結果を左右することもあります。その運を引き寄せる能力もCFOには必要ですね。

それと人的なネットワーク。業務遂行上の課題や疑問点をいつでも気軽に相談できる相手が必要です。今はコロナ禍で難しいと思いますが、私の場合は、CFOの集まりや、いろいろと開催されている研修会・懇親会に可能な限り顔を出すようにしていました。ここでもコミュニケーション能力は必須ですね。

あとはビジネスリスクへの嗅覚でしょうか。CFOは率先して、経営課題となる様々なリスクを発見し対処していかなければなりません。潜在的なリスクに対する、高いアンテナが必要ですね。

−辛い話ばかりなのもキツイので(笑)最後にCFOになってからの年収の変化や、読者に熱い一言をいただけませんか?

うーん、年収はケース・バイ・ケースでしょうね。私の場合は、財務アドバイザリーファームでディレクターだったときの方が高かったですし、CFOになる際には、年収が大きく下がることに備えて、そもそも不要でしたが自宅のセキュリティーサービスも解約しました(笑)ただ監査法人や財務アドバイザリーファームなどでは株式等の保有が制限されますが、CFOの場合、ストックオプションなどが付与されていれば、会社が成長すればするほど自分にもそれだけ反映されるので、そういうダイナミズムが魅力の一つではあると思います。

それから読者の皆さんにお伝えするとすれば、キャリアは一つひとつ大切にすること。すべてが将来の自分にとって何らかの形で役に立つものだと思います。CFOはダイナミックな経験ができるポジションだと思いますので、ぜひチャレンジをしてみてください。チャンスがあるなら是非一度トライする価値はあると思いますよ。

−CFOとしてIPOにチャレンジし、しかもそれを連続して2度も達成させることで、貴重な経験をされてきた吉田さん、本日は貴重なお話をありがとうございました。



【プロフィール】
吉田 知史
株式会社ジオコード 専務取締役CFO

1968年 埼玉県出身
1987年 私立武蔵高等学校卒業
1992年 京都大学工学部工業化学科卒業
1994年 京都大学大学院工学研究科分子工学専攻中退
1994年 等松・トウシュロスコンサルティング株式会社
    (現 アビームコンサルティング株式会社)入社
1999年 朝日監査法人(現 有限責任あずさ監査法人)入所
2005年 EYトランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社
    (現 EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社) 入社
    (新日本監査法人〔現 EY新日本有限責任監査法人〕入所と同日出向)
2012年 アイビーシー株式会社 管理部長
2013年 アイビーシー株式会社 取締役経営管理部長
2017年 株式会社ジオコード 専務取締役CFO(現任)

その他のCFOインタビューはこちら

CFOインタビュー掲載ご希望の方は、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら