転職時に年齢がネックになるケースは多く、経験者を優遇する経理職もまた例外ではありません。
ただ、特別なスキルが求められるとは限らず、年齢相応のスキルや経験があるものと認められれば、ミドル世代でも十分転職は可能です。

多くの企業が転職者に期待するものには、具体的な実績にもとづいた実務経験やマネジメント能力などがあげられます。
この記事では、そんな経理の転職と年齢の関係性について、主にミドル世代に焦点を当ててご紹介します。

経理の転職と年齢

経理職に限らず未経験の転職は、年齢が若い方が有利です。
30代以上であれば年齢に応じた実績が求められます。

未経験の転職は20代まで

経理未経験者が経理職への転職を志そうと思ったら、知識・経験を吸収しやすい年齢からスタートすることが望ましいでしょう。
日商簿記の資格など、独学で勉強・取得できる範囲までは、勉強しておいた方が転職に有利です。

それを踏まえた上で転職年齢の上限を考えると、やはり20代が妥当なところです。
しかし、人事・労務での給与計算など、前職において経理的な要素をもつ職務に従事した経験があれば、30代でもチャンスはあります。

経験者であれば30代〜50代も転職できる

未経験者の30代以上にとってはハードルが高い経理への転職ですが、経験者の場合は、年齢に応じたスキルや実績が求められます。
決算や税務に関する実務経験や、課長職などでマネジメント経験を十分積んでいる人材なら、30〜50代まで幅広く転職市場の門戸は開かれています。
ただし、大企業の場合、転職回数の多さはネックになる傾向が見られます。

続きはこちら

記事提供元



管理部門の転職ならMS-Japan
転職するなら管理部門・士業特化型エージェントNo.1のMS-Japan。経理・財務、人事・総務、法務、会計事務所・監査法人、税理士、公認会計士、弁護士の大手・IPO準備企業の優良な転職・求人情報を多数掲載。転職のノウハウやMS-Japan限定の非公開求人も。東京・横浜・名古屋・大阪で転職相談会を実施中。