一般的に経理は、40代以上でも転職しやすいと言われています。
今回は、中高年の経理が転職で求められるポイントや成功事例をご紹介します。
中高年の方で、これから経理への転職活動を考えている方は、参考にしてみてください。
自分の強みを活かしながら、転職を成功させましょう。

経理は中高年でも転職できる

一般的に中高年は若い世代と比べて転職が難しくなると言われていますが、経理の場合は、中高年でも比較的転職しやすいです。
経理の仕事は汎用性が高く、一つの会社で培ったスキルが活かしやすいため、経験の積んだ経理人材は重宝されます。

基本的に経理はどの企業にも欠かせない存在なので、欠員が出れば求人が出されます。
転職して管理職にキャリアアップするケースもよくあります。

中高年の経理が転職で求められるポイント

中高年の経理が転職で求められるポイントとしては主に下記が挙げられます。

中高年が求められる実務経験

中高年の転職の場合、実務経験を求められることは必須です。
経理には必要な専門知識が多いので、担当していた業務の経験は、強みになります。
経理の仕事のレベルを大きく分けると、仕訳・請求書の処理などの日常経理、月次決算に関する一連の処理、年次決算に関する一連の処理に分けられます。
一概には言えませんが、同じ会社で年次決算を3回以上経験している人は、ある程度の実力があるとみなされ…

続きはこちら

記事提供元



管理部門の転職ならMS-Japan
転職するなら管理部門・士業特化型エージェントNo.1のMS-Japan。経理・財務、人事・総務、法務、会計事務所・監査法人、税理士、公認会計士、弁護士の大手・IPO準備企業の優良な転職・求人情報を多数掲載。転職のノウハウやMS-Japan限定の非公開求人も。東京・横浜・名古屋・大阪で転職相談会を実施中。