ストレスチェックは、従業員数50名以上の事業場に年1回の実施が義務付けられているが、ストレスチェックを受託する株式会社ドクタートラスト内の研究機関「ストレスチェック研究所」が、2020年度の受検者240,275人(685の企業・団体)の膨大なデータを分析し、「健康リスク業種別ランキング」を算出して発表した。

もっとも健康リスクが高い業種総合ランキングのトップは「運輸業、郵便業」「医療、福祉」で、「製造業」「卸売業、小売業」が続いている。運輸業・郵便業はコミュニケーション面でのストレス、医療・福祉は仕事量、裁量面でのストレスの影響が大きく出たようだ。

健康リスクが高い業種総合ランキングは、「仕事の負担・コントロール」リスクと、「上司・同僚とのコミュニケーション」リスクの2つの指標をかけ合わせた数値で、健康リスクを理解するためには、2つの指標の意味と現状を知ることが必要だという。

つまり、個人ごとの仕事の負担と、それをいかにコントロールできているか、そのバランスがストレスに影響を及ぼしているというわけだ。

では、「仕事の負担」で健康リスクが高い業種だが、トップは「宿泊業、飲食サービス業」で、「教育、学習支援業」「医療・福祉」が続いている。

「仕事のコントロール」ではどうだろうか。もっとも健康リスクが高い業種は「運輸業、郵便業」、次いで「医療、福祉」である。

「上司とのコミュニケーション」リスクで健康リスクが高い業種は「運輸業、郵便業」、次いで「医療、福祉」、「製造業」という結果だ。

「健康リスク総合ランキング」の1位となった「運輸業、郵便業」は、他業種よりも「仕事のコントロール」「上司・同僚とのコミュニケーション」リスクが一段と大きく、それが健康リスクを高める要因となっているようだ。

いずれにしても、業務内容からストレスがあるだろうと推察できる業種が、健康リスクが高い業種とランクインしている。この分析結果をYouTubeで専門家が分かりやすく解説しているので、健康管理の担当者は、ぜひチェックしておくといいだろう。