ビジネス界でトレンドワードにもなっている「DX(Digital Transformation:デジタルトランスフォーメーション)」。

企業の成長のカギを握るDXについて、本日はすぐに業務に活かせるヒントが見つかるイベントやお役立ち資料をまとめてご紹介いたします。

ぜひチェックして日々の業務や自身のスキルアップにご活用ください!

【オンラインイベント】管理部門のDXのトレンド情報満載!『updataNOW21』データでビジネスをアップデート

主催:ウイングアーク1st株式会社

2021年10月12日(火)〜14日(木)の3日間、「Data We Go!(データが人を動かす)」をテーマに掲げ、データでビジネスをアップデートする“ UPDATA®(アップデータ/UPDATEとDATAの造語)”で築き上げる世界や最新トピックスを提供するカンファレンスが、オンライン上で開催される。

さまざまな業界や分野を代表する企業や各界のリーダーが集い、3日間で約50セッションが予定されており、管理部門のDXにも繋がる内容が豊富なので、是非チェックしてみてください。

詳細・参加申込はこちら

健康情報のデジタル化に、失敗する理由と成功した事例

提供:株式会社iCARE

人事・労務のデジタルトランスフォーメーション(DX)は上手に進めることで、業務工数を削減し人件費や残業代の縮小につながりますよね。そこで今、注目を集めているのが従業員の健康情報をデジタル化することです。

本資料では、健康情報をデジタル化することで人事部門の業務工数削減と従業員の健康増進に成功した企業事例とそのノウハウを解説しています。

<内容>
1.クラウド型 健康労務の成功例
 ┗健康診断のペーパレス化を実現
 ┗ オンラインで産業医⾯談を実施
 ┗ 法令遵守をまるごと管理
2.これまで型 健康労務の⽋点
3.クラウド型 健康労務を導⼊する4ステップ
4.クラウド型健康管理システムの安全性

詳細・ダウンロードはこちら

カスタマーサポートのデジタルトランスフォーメーション実践術

提供:Nota, Inc.

デジタルトランスフォーメーション(以下DX)がトレンドワードとなっており、それはカスタマーサポートを担っている皆さんにとっても他人事ではありません。

本資料では、DXの定義やカスタマーサポートが抱える課題などを確認したうえで、カスタマーサポート領域でデジタルトランスフォーメーションを実践する ために取り組むべきことを紹介していきます。

<内容>
・はじめに
・そもそもデジタルトランスフォーメーションとは?
・カスタマーサポートにおけるデジタルトランスフォーメーションとは?
・カスタマーサポートのデジタルトランスフォーメーション実践術
・デジタル技術の活用で考えるべき国内IT人材の不足
・FAQツールの非IT人材でも扱いやすいデジタル技術
・革新的な技術でデジタルトランスフォーメーションを実現するFAQツールとは

詳細・ダウンロードはこちら

〜 DX推進を考える時代の歩き方 〜 はじめてのDX

提供:Chatwork株式会社

本書ではDXについて基本から丁寧に解説。これからDXをはじめられる方にも大変おすすめな内容です。

<内容>
・ DXとは? 〜 ビジネスを変革するデジタル戦略 〜 
 ―経済産業省の『DXレポート』
 ―企業がDXに取り組む理由
 ―DXを3段階分けて「使える知識」に整理する
・自社のDX推進に欠かせない課題
・これだけは知っておきたい 〜 DX関連用語集 〜

詳細・ダウンロードはこちら

他人事ではない!すべての国内企業が実現しなければならない「日本型DX」

提供:株式会社FCEプロセス&テクノロジー

ビジネス界で「デジタルトランスフォーメーション(DX)」がトレンドワードとなっている一方、「DXといっても一部の大企業だけに関係すること。うちの会社には関係ないだろう」と他人事として捉 えている方も多いのではないでしょうか?

そこで本資料では、「なぜ国内企業がDXを実現しなければならないのか」「国内企業に求められているDXとは何なのか」について詳しく解説していきます。

<目次>
・なぜすべての国内企業がDXを実現しなければならないのか?
・国内企業のDX実現を阻む2つの事情
・すべての国内企業が実現すべき「日本型DX」とは?
・「日本型DX」を実現した国内企業の事例
・早急に「日本型DX」の実現に向けた取り組みをスタートさせよう

詳細・ダウンロードはこちら

経理・財務におけるDXのモデルケースにわずか3ヶ月で

提供:株式会社セゾン情報システムズ

決算業務中心で管理会計が弱いとされる国内企業では、経理・財務部門の早急な業務改革が求められている。セゾン情報システムズの財務経理室も例外ではなく、状況改善を目指し、2019年9月にプロジェクトをスタート、わずか半年で大きな成果をあげることに成功した。

その結果、新型コロナウイルスのパンデミックに際して、経理部門も全社と足並みをあわせて在宅テレワークへと移行。最大の山場である期末決算業務を、出社することなくすべてリモートで進められているという。

本書では具体的にどのようにプロジェクトを進め、成功へと導いたのかを解説する。

詳細・ダウンロードはこちら

契約審査業務のDXを後押しする 「プレイブック」導入のすすめ

提供:GVA TECH株式会社

契約書審査業務の業務効率を高めるためには、自社の契約審査基準を整備・明文化することが重要になってきます。

そこで、主に外資系企業において作成・活用されている「契約審査基準書=プレイブック」について、プレイブックとはなにか、その考え方や構成要素、メリットや作成手順をまとめています。

<内容>
・DX=デジタルトランスフォーメーションとは
・法務のDXとは
・法務のDXは契約法務から
・プレイブックの導入・活用による、契約審査業務のDXについて
・プレイブックに基づいた契約審査業務のイメージ
・AI-CON Proについて

詳細・ダウンロードはこちら

社内のハンコ文化はこんなに損?!文書業務はDXで今すぐ効率化

提供:株式会社エイトレッド

なぜ社内文書にハンコが必要なのか?

そして社内文書を電子化するとどんなメリットがあるのか?

本書では、時代と共に変化している「ハンコ文化」の背景や必要性、社内文書を電子化した場合のメリットなどをご紹介。

詳細・ダウンロードはこちら

その他のお役立ち資料はこちら