毎日更新しているマネジーニュースランキングのご紹介です。

今回ご紹介するのは、「電子帳簿保存法改正」関連について。
マネジーをご利用中の多くの方も関心が高いのではないでしょうか。

マネジーでは以前から電帳法関連の記事を公開してまいりましたが、今回はそれらの中から特に関心の高かった記事をランキング形式でご紹介します。

既に確認している内容も、まだ確認していない内容も、ぜひチェックして業務にお役立てください。


第1位:管理部門なら知っておきたい! 2020年施行&2021年施行予定の主な法令


最も関心の高かったこちらの記事は、2020年に施行された管理部門に関係する主な法令を改めておさらいし、同じく2021年に施行される予定のものをピックアップした内容になります。

多くの管理部門の皆様は法令の変更が業務に直結することもあり、こうした情報にはひじょうに敏感になっています。

電子帳簿保存法の改正は記事内で紹介されており、知っておくべきポイントや、それに関連した業務への影響を簡潔に解説していますので、今回の改正の内容がまだいまいちピンと来ていないという方は、こちらの記事から確認していただくことをおすすめします。

記事全文はこちらから

第2位:電子帳簿保存法とJIMA認証とは?

2番目に関心の高かった記事は「電子帳簿保存法とJIMA認証」について。

そもそも電子帳簿保存法とは何のために存在し、どのような内容なのか。特に管理部門の業務においては、今後さらに電子化・DX化が進みますが、その際にシステムの導入が不可欠になります。
その場合、販売されている各種ソフトウェアが、電子帳簿保存法の法的要件を満たせる機能やクオリティを持っているのかどうかが極めて重要になりますが、そうした各項目をクリアしていることの証がJIMA認証となります。

こうした電子帳簿保存法に関連したお役立ち情報を詳細に記載していますので、今後の判断材料にしていただけるとシステムの導入時に慌てる必要はなさそうですね。

記事全文はこちらから

第3位:令和3年度の電子帳簿保存法改正|「知らなかった」では済まない2つの注意点

3番目に関心高かった記事は「電子帳簿保存法改正に関する2つの注意点」について。

電帳法改正によって、管理部門に関わる多くの業務が効率化されることが期待されています。一方で、改正による注意点も把握しておく必要があります。
すでに法律の内容や改正のポイントを把握されている方は多いと思いますが、重加算税の加重措置やメール添付データの管理など、注意すべきことについても把握されていますでしょうか。

タイトルにもある通り、知らなかったでは本当に済まない事態になりかねないので、ぜひチェックしておくことをお勧めします。

記事全文はこちらから

今回ご紹介した関心の高かった記事は本の一部に過ぎず、マネジーではまだまだ電子帳簿保存法関連の記事を公開しております。
もう間もなく施行される同法律ですが、内容を把握されている方もそうでない方も、今一度確認してみてはいかがでしょうか。

電子帳簿保存法改正の関連情報

お役立ち資料

資料名:2022年の電帳法改正に向けて今からできる業務改善とは
提供元:Sansan株式会社

詳細はこちら

資料名:【電子帳簿保存法にも対応】3分でわかる!経費精算システム「楽楽精算」
提供元:株式会社ラクス(楽楽精算)

詳細はこちら

セミナー情報

テーマ:『経理部門生産性向上への道 請求書受領から始める!法改正に備えた請求処理の電子化とは』
登壇企業:株式会社マネーフォワード
登壇者:執行役員/経理本部/本部長/松岡 俊氏
    コミュニケーションデザイン部/オンラインセールスグループリーダー/中井 知大氏
日時:2021年11月22日(月)14:30〜16:00

詳細はこちら