緊急事態宣言が解除となり、経済を再開する動きが伝えられ、閑古鳥が鳴いていた観光地にも客足が戻りつつある。しかし、観光地に繰り出す人の数が増えているのは土日祝日で、平日はそれほど客足が伸びず、思ったほどの回復には至っていないようだ。

そうした苦境を打開するための起爆剤として、観光業界が大きな期待を寄せているのが、GoToトラベルの再開だ。政府は再開に慎重な姿勢のため、各自治体が独自のキャンペーンを展開している。

では、GoToトラベル再開へのユーザーのニーズはどうなのだろうか。ビッグデータとAIを使った旅行検索サービスを展開する株式会社attaの調査によると、決して早期の再開を求めてはいないことが明らかになった。

再開時期については、「2022年4月中」が12.7%、「2022年中1月中」が10.0%で、もっとも多かったのは26.2%の「該当するものがない/わからない」である。

緊急事態宣言が解除されたらやりたいことの1位は国内旅行であったが、その割には旅行の動きは鈍く、GoToトラベル再開への期待もそれほど高くないという結果だった。

その背景には、旅行スタイルの変化もありそうだ。GoToトラベルを利用して希望する旅行スタイルは、「近隣の都道府県への旅行」が最多の43%、「自家用車・レンタカーを利用した旅行」が38.9%、「飛行機利用の旅行」が30.4%、「新幹線・特急列車を利用した旅行」が29.0%、「居住地の都道府県内の旅行」が28.5%で続いている。

つまり、緊急事態宣言解除に伴って、“少人数での近場の観光”が増加したといえるだろう。

また、平日の観光地を支えていたのが、外国人旅行者であり、大型バスでの団体旅行である。それが戻ってこなければ、コロナ前の状態にまで回復することは難しそうだが、環境業界はGoToトラベル再開に期待を寄せるだけでなく、この新しい旅行スタイルのニーズを満たす取り組みが求められることになりそうだ。

ちなみに、GoToトラベルを利用して行きたい地域は北海道(32.5%)、関西(29.0%)、沖縄県(25.6%)がベスト3である。