2021年3月の初開催から、今回で第6回目を迎えた「ManegyランスタWEEK」。
管理部門向けテックの最新動向や、法改正に関する情報、業務のノウハウや課題解決に関する情報など、各セッションテーマに精通した講師が、管理部門の方々が今押さえておくべき情報をわかりやすく解説します。

バックオフィス総合(経理・人事・法務・総務など)をテーマに、経理・人事・法務・総務など管理部門の各セクションのDXに関して、前回開催した第5回に引き続き多くのセッション数を予定し、豪華なラインナップでお届けします。

今回は開催直前企画として、セッションに登壇されるご担当者にインタビューを行いました。
第4回目のインタビューは株式会社マネーフォワードより、執行役員/経理本部/本部長の松岡俊氏にお話しを伺い、その内容を公開致します。
「第6回 ManegyランスタWEEK 2022 Spring」へ参加を迷われている方や、興味があるけどまだお申込みされていない方は、インタビューした内容を参考にぜひお申込みくださいませ。

経理・人事・法務・総務の最新トレンドは
お昼休みの25分で
【ManegyランスタWEEK 2022 Spring】

経理領域を預かる担当として、経理担当としての率直な思い

編集部:今回の第6回「 ManegyランスタWEEK 2022 Spring」でお話するテーマを教えてください。

松岡氏:電子帳簿保存法の改正やインボイス制度の導入など、バックオフィス業務が大きく変わろうとしている中、DXに向けてまず取り組むべき業務の電子化について解説いたします。
5年前まで手作業が多く残業続きだった弊社の経理部は、請求書受領〜支払業務を電子化することで月次決算早期化を実現しました。
今回は、業務改善の手法やポイントを、事例を交えてご紹介します。

編集部:今回のテーマに至った背景は何ですか?

松岡氏:法改正の概要や法改正に対応した製品の情報は世の中にたくさんありますが、実際に経理部門がどのように対応をしたのか、詳細のわかる情報は多くありません。また、法改正の概要は把握しているが、どこから取り組むべきかを具体的に知りたい方も多いかと存じます。
こういった方に向けて、弊社の対応事例をご紹介することでこれから法改正対応を予定している方の後押しをしたいと思い、今回のテーマに至りました。

編集部:今回の登壇で特に気を付けたいことは何ですか?

松岡氏:製品を解説するセミナーは多くありますが、他社の経理現場の実態を知る機会はあまり多くはありません。
今回のセミナーでは自社製品の紹介ではなく、あくまで経理領域を預かる担当として、経理担当としての率直な思いをお話しいたします。

弊社もつい4、5年前まで紙による作業が多く残っていました

編集部:今回の登壇での見どころを教えてください。

松岡氏:IT企業である弊社の経理部には、自社ツールや最新のテクノロジーを駆使して業務を行っているイメージを持っていただくことが多いのですが、実態は、つい4、5年前までは紙の作業が多く残っていました。そんな状況から、ペーパーレス化や業務効率化、DXに向けてどのように取り組んだのか、ポイントは何だったのか、知っていただける機会にできるようお話します。

編集部:どのような人たちに参加してほしいですか?また、貴社のセッションに参加すると、どのような発見・メリットがありますか?

松岡氏:バックオフィス業務のDX化について何から取り組めば良いかわからないとお悩みの方や、生産性向上、業務効率化に向けて取り組みを進めたいとお考えの方にご参加いただきたいです。
また、経理・経営企画などバックオフィス業務に関わる方や経営者様など幅広い方々に是非ご参加いただきたいと思っております。
今回のセッションの中で、
・DX化について何から始めたらいいか、糸口が見つかる
・生産性向上や業務効率化のヒントが分かる
・請求書処理の電子化についての進め方、運用が分かる
上記のような気づきを感じられる構成となっておりますので、電子化について全く進んでいない方こそ参考にしていただけるのではないかと思います。

編集部:今後オンラインイベントに登壇する際、他にどのようなことをお話してみたいですか?

松岡氏:最近、お客様の課題としてよくお伺いするのは、2023年の10月から開始になるインボイス制度の対応についてです。制度についての詳細情報も続々と出てきますので、制度理解を進めながら最適な運用を考え、そのナレッジをお伝えしていけたら良いなと考えています。

編集部:最後に、管理部門(読者)の方々へ一言お願いします。

松岡氏:少し前までは弊社の経理業務は手作業が多く残業続きでしたが、今では請求書受領〜支払業務を電子化し、月次決算早期化を実現しています。
まず取り組むべき電子化業務を弊社事例を踏まえて解説しますので、ぜひご参加お待ちしております。

編集部:ありがとうございました!

5月25日(水) 12:05-12:30開催

セッションテーマ:経理本部長が語る、まず取り組むべき電子化業務とは?
法改正に備えた施策と共に解説
登壇企業:株式会社マネーフォワード
登壇者:執行役員 経理本部 本部長 / 松岡 俊 氏
セッション詳細はこちら

現在電子化に取り組んでいる企業にとって最も参考となることは、数年前まで同じ悩みを抱えていた企業の成功体験ではないでしょうか。
問題を問題として捉えられないくらいに業務が複雑化・煩雑化していたり、DX化についてどこから手を着けていいかわからないといった方など、これからDX化に向けて動き出す企業の担当者や経営者様こそ参考になるセッションとなるでしょう。
今まさに電子化について課題を感じている方や、全くの知識ゼロからスタートする方は、ぜひ株式会社マネーフォワードの松岡氏による経理本部長が語る、まず取り組むべき電子化業務とは? 法改正に備えた施策と共に解説を視聴してはいかがでしょうか。

無料視聴申し込みはこちら

第6回 ManegyランスタWEEK 2022 Spring開催概要

テーマ: バックオフィス総合(経理・人事・法務・総務など)
日時: 2022年5月23日(月)〜5月27日(金) 各日12:00〜13:00
場所: オンライン開催
参加費用:無料
※[A会場][B会場]と分け、1回25分のセッションを1日4セッション行います。

詳細:https://www.manegy.com/lunchstudy/event2022_06/

第6回目の開催となる今回のテーマは「バックオフィス総合」。経理・人事・法務・総務など管理部門の各セクションのDXに関して、前回開催した第5回に引き続き多くのセッション数を予定し、豪華なラインナップでお届けします。
セッションでは、管理部門向けテックの最新動向や、法改正に関する情報、業務のノウハウや課題解決に関する情報など、誰もが知ってるあの企業から、各セッションテーマに精通した講師により管理部門の方々が今押さえておくべき情報をわかりやすく解説します。

セッションスケジュールはこちら:
https://www.manegy.com/lunchstudy/event2022_06/schedule.html