経理は競争率が高く、転職の難しい職種というイメージを抱いていませんか?
しっかりと準備を整えて転職活動に臨めば、正社員としての転職も決して不可能ではありません。

たしかに経理はお金のプロフェッショナルとして、会社の財産や資金の流れを管理し、経営者の近くで会社の成長をサポートする重要な部門です。
企業の大きさによって携わる業務の範囲は異なりますが、専門的な知識やスキルを身に着け、時には経営者へアドバイスする事もあり簿記等の資格取得が必要になるも場合もあります。 

また、管理部門本部の中でも待遇がよく、長く勤めることができる仕事として人気が高く、スタートアップの企業から大手企業まで、転職希望者には多くの選択肢があります。
一方で人気があるからこそ競争率も高く、転職市場においては即戦力としての経験を求められる事が多く、転職の難しさを感じるかもしれません。

この記事では、経理の転職の難易度に触れつつ、正社員として転職を成功させるための能力やスキル、方法などについて解説します。 

続きはこちら

記事提供元



管理部門の転職ならMS-Japan
転職するなら管理部門・士業特化型エージェントNo.1のMS-Japan。経理・財務、人事・総務、法務、会計事務所・監査法人、税理士、公認会計士、弁護士の大手・IPO準備企業の優良な転職・求人情報を多数掲載。転職のノウハウやMS-Japan限定の非公開求人も。東京・横浜・名古屋・大阪で転職相談会を実施中。