5/23~5/27の期間中、Manegyによるオンラインセミナーイベント『第6回 ManegyランスタWEEK 2022 Spring』が連日開催されており、初日となる今回の配信もおかげ様で大変多くの方に視聴いただくことができました。

本記事では、今回配信したセミナーのハイライトをシリーズでご紹介します!
シリーズ第5弾は、株式会社iCARE 小川 剛史 氏による『従業員の離職のカギは健康データにアリ!データを活用した離職予防のノウハウを徹底解説!』について。

また、6月3日までアーカイブ配信も行っておりますので、今回のセッションを見逃した方や繰り返し視聴したい方、まだ視聴申し込みが完了していない方は、ぜひアーカイブよりご覧くださいませ。

【セッション全編はこちらから(6/3まで視聴可)】

従業員の離職のカギは健康データにアリ!データを活用した離職予防のノウハウを徹底解説!

今回のセッションでは、健康データを活用することで、どのように離職を防ぐことができるのかということを、具体的な事例を用いて徹底解説していただきました

冒頭では、テレワークは従業員がテレワークによる影響について解説いただきました。
これまではテレワークによるメリットが注目されておりましたが、実際に調査してみるとストレス反応・要因に関して睡眠やメンタルヘルスについての相談が増加したことが判明しました。

セッション中盤では実例を用いて、離職者データに関する内容を解説いただきました。
離職にいたるまでの過程が抜けており、いざ離職理由を調べても直接的なきっかけや事象がわからず、離職を防ぐデータを蓄積することができません。
こうした離職を防ぐためにはどうしたらよいのでしょうか。

セッションの後半では、健康データを駆使しての組織改善及び離職率の改善について解説していただきました!
健康データの利活用は重要ですが、ただ活用するだけでなくペーパーレス化などの業務プロセスの変革を同時に進めることで初めて組織改善につながるということを提言しておられます。

いかがだったでしょうか。

今回ご紹介したハイライトはセッショ全体のほんの一部になり、全編を通してとても有益で興味深い情報を発信されています。
ManegyランスタWEEK DXでは、現在アーカイブ配信を実施しております。
気になる内容がございましたら、ぜひご視聴ください。

【セッション全編を見たい方はこちらから(6/3まで視聴可)】
従業員の離職のカギは健康データにアリ!
データを活用した離職予防のノウハウを徹底解説!
株式会社iCARE

キャンペーン紹介

今回「第6回 ManegyランスタWEEK 2022 Spring」にご参加された方限定で、最大15,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施しております。

特典1.イベント視聴&アンケート回答1社につき500円、最大10,000円分のAmazonギフト券をプレゼント!
特典2.バックオフィスのDX化・業務改善に関する資料請求で最大5,000円分のAmazonギフト券をプレゼント!

キャンペーン詳細は、下記URLよりご確認くださいませ。


ManegyランスタWEEK DX」にご参加された方限定
アマゾンギフト券を最大1,5000円分プレゼント!