5/23~5/27の期間中、Manegyによるオンラインセミナーイベント『第6回 ManegyランスタWEEK 2022 Spring』が連日開催されており、初日となる今回の配信もおかげ様で大変多くの方に視聴いただくことができました。

本記事では、今回配信したセミナーのハイライトをシリーズでご紹介します!
シリーズ第9弾は、株式会社SmartHR 小西 圭介 氏による『組織課題が見つかる「人事データ×サーベイ」の活用法 エンゲージメントを高め、変化に適応するこれからの組織づくり』について。

また、6月3日までアーカイブ配信も行っておりますので、今回のセッションを見逃した方や繰り返し視聴したい方、まだ視聴申し込みが完了していない方は、ぜひアーカイブよりご覧くださいませ。

【セッション全編はこちらから(6/3まで視聴可)】

組織課題が見つかる「人事データ×サーベイ」の活用法 エンゲージメントを高め、変化に適応するこれからの組織づくり

今回のセッションでは、エンゲージメントが重要視される背景や向上によるメリットに触れつつ、「人事データ×従業員サーベイ」を用いて見つけることのできる組織の課題と解決アクションを、事例を用いて解説しました。

冒頭では、多くの人事の方が抱える課題についてお話いただきました。
なぜ従業員が離職してしまうのか、多くの企業が抱える組織における具体的な課題、上申するための材料などをわかりやすくお話ししてくれたため、とても納得感のある内容となっておりました。

セッションの中盤では、組織課題を特定し、施策を推進するステップをご紹介いただきました。
3ステップからなりますが、従業員サーベイがここでは重要になってきます。
従業員の考えを聴取することが目的になりますが、ここで重要なことは「全従業員の意見を吸い上げる」こと、そのためには簡単に手間なく回答できるようなツールが重要になりようです。

セッションのまとめとして、
・今後は益々、人材マネジメントへの取り組みが必要
・従業員のエンゲージメントを高めることで生産性の向上や離職率の低下が見込める
・社内の認識統一と課題の設定でエンゲージメント向上施策推進につながる
・施策実行前に組織の状態を可視化するために人事データの整備が必要
上記4点が重要であるとして締めました。

いかがだったでしょうか。

今回ご紹介したハイライトはセッショ全体のほんの一部になり、全編を通してとても有益で興味深い情報を発信されています。
ManegyランスタWEEK DXでは、現在アーカイブ配信を実施しております。
気になる内容がございましたら、ぜひご視聴ください。

【セッション全編を見たい方はこちらから(6/3まで視聴可)】
組織課題が見つかる「人事データ×サーベイ」の活用法
株式会社SmartHR

キャンペーン紹介

今回「第6回 ManegyランスタWEEK 2022 Spring」にご参加された方限定で、最大15,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施しております。

特典1.イベント視聴&アンケート回答1社につき500円、最大10,000円分のAmazonギフト券をプレゼント!
特典2.バックオフィスのDX化・業務改善に関する資料請求で最大5,000円分のAmazonギフト券をプレゼント!

キャンペーン詳細は、下記URLよりご確認くださいませ。


ManegyランスタWEEK DX」にご参加された方限定
アマゾンギフト券を最大1,5000円分プレゼント!