5/23~5/27の期間中、Manegyによるオンラインセミナーイベント『第6回 ManegyランスタWEEK 2022 Spring』が連日開催されており、初日となる今回の配信もおかげ様で大変多くの方に視聴いただくことができました。

本記事では、今回配信したセミナーのハイライトをシリーズでご紹介します!
シリーズ第19弾は、株式会社スマートドライブ 南條 匡紀 氏による『【道交法改正】今こそ見直すべき!法人車両の法令遵守と、DXの必要性』について。

また、6月3日までアーカイブ配信も行っておりますので、今回のセッションを見逃した方や繰り返し視聴したい方、まだ視聴申し込みが完了していない方は、ぜひアーカイブよりご覧くださいませ。

【セッション全編はこちらから(6/3まで視聴可)】

【道交法改正】今こそ見直すべき! 法人車両の法令遵守と、DXの必要性

この4月から白ナンバー車両のアルコールチェックが義務化され、10月からは検知器の利用も開始となります。現場対応に追われている方も多いのではないでしょうか。
今回のセッションでは、これからの車両管理を強化する必要性の背景から、システム選定のポイントまでをコンパクトに解説しました。

冒頭では、道交法改正を踏まえて、コンプライアンス観点で見る車両管理の必要性を解説しました。
今回の法改正ではアルコールチェックに関する内容が取りざたされましたが、そもそもが安全運転管理の強化となっているため、担当者は今一度確認しておくべきでしょう。

セッションの中盤ではガバナンス観点で見る車両管理の必要性を解説しました。
それぞれのリスクを鑑みて、管理目線、法令順守目線とさまざまな視点から考えていくことでリスクを軽減することにつながります。

セッションの後半では、車両管理システムの選定ポイントを解説いただきました。
安全運転指導サービスだけでなく、DXも含めて包括的に対応できるシステムを選択することで、さまざまなリスク軽減と一元管理により煩雑な対応の改善につながります。
社用車を管理している担当者の方は、こちらのセッションを参考にぜひ現在の業務を見直してみてはいかがでしょうか。

いかがだったでしょうか。

今回ご紹介したハイライトはセッショ全体のほんの一部になり、全編を通してとても有益で興味深い情報を発信されています。
ManegyランスタWEEK DXでは、現在アーカイブ配信を実施しております。
気になる内容がございましたら、ぜひご視聴ください。

【セッション全編を見たい方はこちらから(6/3まで視聴可)】
【道交法改正】今こそ見直すべき! 法人車両の法令遵守と、DXの必要性
株式会社スマートドライブ

キャンペーン紹介

今回「第6回 ManegyランスタWEEK 2022 Spring」にご参加された方限定で、最大15,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施しております。

特典1.イベント視聴&アンケート回答1社につき500円、最大10,000円分のAmazonギフト券をプレゼント!
特典2.バックオフィスのDX化・業務改善に関する資料請求で最大5,000円分のAmazonギフト券をプレゼント!

キャンペーン詳細は、下記URLよりご確認くださいませ。


ManegyランスタWEEK DX」にご参加された方限定
アマゾンギフト券を最大15,000円分プレゼント!