毎日更新しているマネジーニュースの週間ランキングのご紹介です。
読者の皆様が今注目しているニュースはどのようなニュースなのか。既に確認している内容も、まだ確認していない内容も、ぜひチェックして業務にお役立てください。

今回の人気記事はこちら

【7月4日〜7月10日】

第1位:2023年10月から始まるインボイス制度。注意すべき「落とし穴」とは?

今回最も閲覧された記事は「インボイス制度」についてでした。
ここにきて議論が活発に行われ、いくつかの業界からインボイス制度に反対する声明が出される等で注目を集めています。
こちらの記事ではインボイス制度について関連のある方に対して、しっかりと内容を理解しておかなければ面倒が増えるだけでなく、企業活動をする上で重要な控除の面でも影響を受ける可能性がある点を指摘しています。
しっかりと内容を読み込んで、理解しておきましょう

記事全文はこちらから

第2位:なぜ日本の労働生産性は、諸外国に比べて低いのか?

今回2番目に閲覧された記事は「日本の労働生産性」について。
海外に比べ低いとされている労働生産性をいかに高めていくか、それが日本産業の大きな課題となります。
要因として、日本型の終身雇用制や年功序列の賃金体系によって、企業が多くの余剰人員を抱えていたことも挙げられています。
ようやく取り組みが始まった働き方改革によって、日本の労働生産性は欧米諸国と肩を並べられる水準に達するのでしょうか。

記事全文はこちらから

第3位:公認会計士とは?公認会計士の日にちなみ業務内容や魅力を紹介

今回3番目に閲覧された記事は「公認会計士」について。
日本公認会計士協会では、1948年7月6日の「公認会計士法」の公布を記念して、7月6日を「公認会計士の日」と制定しています。
こちらの記事では、公認会計士の日にちなんで、公認会計士の業務内容や魅力について紹介します。
ビジネスパーソンのみなさまなら、企業などが公認会計士の活躍に助けられていることはご存知かもしれませんね。

記事全文はこちらから

第4位:大企業の「DXへの認識に関する調査」

株式会社ドリーム・アーツが従業員1,000人以上の大企業に勤務する従業員1,000人に実施した「DXへの認識に関する調査」によると、自身が勤める企業がDXを推進しているかどうか「わからない」が44%にものぼることがわかりました。

記事全文はこちらから

第5位:習得すべき知識とスキルを全力で身につけ、やると決めたら最後までやる【CFOインタビュー 株式会社LegalForce 執行役員 経営企画担当-大木 晃氏】

こちらの記事では、株式会社MS-Japanの執行役員である清水をインタビュアーに迎え、株式会社LegalForceの経理財務部門責任者/経営企画担当 執行役員 大木晃氏に、同社に参画されるまでの経緯や急成長する会社で苦労したエピソード、採用において求める人物像などについて伺いました。
インタビューの内容を受けて、成長企業では変化を厭わないことはもちろん、むしろ新しい課題を見つけて自ら積極的に変化を創っていく行動力が何より大切だと学ぶことができるでしょう。

記事全文はこちらから



DX成功のカギは情報収集!
〜情報収取キャンペーン実施中〜

以下、6位以降のランキング

第6位:日本のデジタル競争力は64カ国中28位!
https://www.manegy.com/news/detail/5897

第7位:再認識されるオフィスの重要性
https://www.manegy.com/news/detail/5899

第8位:「望まない転勤の廃止」からみるダイバーシティマネジメントの重要性
https://www.manegy.com/news/detail/5904

第9位:夏のボーナスで“特別なことはしない”が6割
https://www.manegy.com/news/detail/5884

第10位:【2022年夏】上がった? 下がった? みんなの夏ボーナス事情を発表!
https://www.manegy.com/news/detail/5901