ここ数年、多くの企業が課題として挙げているキーワードが「生産性向上」です。ところで、「生産性向上」とはどのような意味を持ち、企業にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

少ない人数と短時間で、いかに収益を高めていくことができるか

生産にはヒト・モノ・カネなどの資源を投入しなければなりません。投入した資源に対して、どれだけの成果が得られるかが“生産性”で、投入する資源が少なければ少ないほど、企業の収益は上がります。

つまり、「生産性向上」とはできるだけ資源の投入を減らし、大きな成果を上げることです。しかし少ない人数で高収益を上げるためには、業務のスピードアップや、1人あたりの業務量を増やす必要があります。

もっとも簡単な生産性向上の手段は、業務のムリ・ムラ・ムダを徹底的に省く「業務の効率化」です。しかし、そのことで従業員の負担が増大するようでは、短期的に収益増となっても継続性のある生産性向上とはなりません。

しかもワークライフバランスの重要性が叫ばれ、長時間労働の是正や休日の増加が求められる時代に逆行することにもなりかねません。少ない人数と短時間で、いかに収益を高めていくことができるか、それこそが“生産性向上”というキーワードに込められた意味と言えるのではないでしょうか。

生産性向上が企業にもたらすメリットとは?

では、なぜ“生産性向上”がキーワードとなっているのでしょうか。生産性を向上することによる企業のメリットとされているのは、ワーククライフバランスの改善、競争力の向上、コスト削減、人手不足への対応などです。

なかでも、日本の労働生産性は先進国の中ではかなり低いレベルにあるため、国際競争力を強化するという点からも生産性向上に取り組む必要があります。また、日本の労働人口の減少傾向には歯止めがかからない状態にあることも、理由の一つです。

生産性向上に取り組むことでコスト削減ができれば、その分を労働環境の改善や、新商品の開発に充てることもできるでしょう。何よりも従業員のモチベーションやパフォーマンスも向上するはずです。

生産性向上のために取り組むべきこと

生産性向上に取り組むことで、日本企業が抱えている課題解決につながりそうなことがわかりました。
では、実際にはどのように取り組むべきでしょうか?

まずは、自社がどのような状況にあるのかを分析し、生産性向上の阻害となっている課題を整理することからはじめます。

現状分析と課題を整理することで、ムダな業務や非効率な業務も見えてくるはずです。そこから、生産性向上の第一歩となるムリ・ムラ・ムダを徹底的に省く「業務効率化」についても、何をどうすればいいのかが見えてくるのではないでしょうか。

また、情報共有の仕組みが不完全なことが生産性を阻害している要因になっているケースも多く、注意が必要です。
現場の担当者の声としては「情報共有ができないために、従業員が機能的に動くことができない」「誰が何をしているのかが把握できないため、部下に的確な業務指示を出せない」などが挙げられています。

業務効率化には、テクノロジーを導入することも効果的です。新しい技術を取り入れた製造機械や、業務改善につながるアプリケーションも豊富にありますので、導入も含めて十分に検討することも生産性を向上させる第一歩と言えるでしょう。

いずれにしても、生産性向上はグローバル競争で勝ち抜いていくためにも重要です。生産性向上への取り組み方はいろいろありますが、自社に合った手法を選ぶことが大切です。

まとめ

新型コロナウイルスのパンデミックで、世界経済が大きなダメージを受けただけに「生産性向上」が、企業にとってより大きなテーマとなりつつあります。生産性向上については、企業もビジネスパーソンも、真剣に考える時代に突入したと言えるのかもしれません。