毎日更新しているマネジーニュースの週間ランキングのご紹介です。
読者の皆様が今注目しているニュースはどのようなニュースなのか。既に確認している内容も、まだ確認していない内容も、ぜひチェックして業務にお役立てください。

今回の人気記事はこちら

【8月22日〜8月28日】

第1位:大企業でも中途採用者のオンボーディングには苦戦。成功のポイントは?

今回最も閲覧された記事は「中途採用者のオンボーディング」についてでした。
かつての終身雇用制度は今では時代遅れの雇用形態となり、材の流動性が高まる中、企業側は中途採用の強化を進め、その戦力化・定着をスムーズに行えるようオンボーディングに力を入れています。
オンボーディングを成功させるためのポイントとしては、中途採用者の教育に関して人事部門と配属先の部門が密接な協力体制を構築すること、メンター選びを慎重に行うことなどが挙げられる中で、オンボーディングを適切に行うことが重要になります。

記事全文はこちらから

第2位:増加率が過去最高となった大手企業の夏のボーナス

今回2番目に閲覧された記事は、「大手企業の夏のボーナス」について。
経団連から「大手企業の夏のボーナス(賞与・一時金)妥結額」の最終集計が8月5日に発表されました。平均支給額は89万9,163円となり、実に4年ぶりの増加となりました。
年収の不足分を補う臨時収入となっている現実は、日本の賃金水準が諸外国に比べ低く抑えられている現実を物語るかもしれません。
このボーナス増加傾向は、果たして景気回復の兆しとなるのでしょうか。

記事全文はこちらから

第3位:企業イメージのマイナスにつながる面接官の態度

23年卒の大学生を対象に実施した「就職活動・内定後に関する調査」の調査結果によると、面接官の態度で企業イメージが「悪くなった」と回答した方は、なんと4割近くもいるということが判明しました。
気になる理由として、
「育休や産休制度に否定的な意見を聞いてしまった」
「面接官が無表情で、話しづらかった」
「圧迫的な面接を受けた」
などが挙げられています。
労働生産人口の減少に歯止めがかからない現代において、企業にとって人材確保は最重要課題となります。そのため、採用担当者は社内外において誠実な態度で臨む必要があるでしょう。

記事全文はこちらから

第4位:ユームテクノロジージャパンが大企業の中途採用に関する実態調査

ユームテクノロジージャパン株式会社が実施した「大企業の中途採用に関する実態調査」では、人事担当者の6割以上が「中途人材のオンボーディング」に苦戦していることが判明しました。
難しさを感じていながらも人事担当者の多くは、中途採用人材のオンボーディングの強化が必要と考えていることからも、令和のビジネスパーソンとしては、この「オンボーディング」という言葉のもつ意味を、見つめ直すことも必要となるでしょう。

記事全文はこちらから

第5位:経理が転職して年収を上げる方法

転職を検討する際、「年収」の条件はひとつ大きなポイントではないでしょうか。昨今経理求人は増加傾向にあり、求職者にとって追い風です。
今回は、MS-Japan公式Youtubeにて「経理が転職して年収を上げる方法」をテーマに、動画を公開いたしました。
今回の動画では、経理職が転職して年収アップにつなげるポイントをエージェント目線で説明! 「資格」「スキル」「年齢」の観点で、経理・財務に精通した弊社のキャリアアドバイザー柳原が解説しているため、ぜひご視聴くださいませ

記事全文はこちらから



資料DLで業務に役立つ特典GET!
〜管理部門のDX・業務改善〜

以下、6位以降のランキング

第6位:週休3日?!人生100年、働き方をアップデート!!
https://www.manegy.com/news/detail/6056

第7位:10社に1社が“ゾンビ企業”であることが帝国データバンク調査で判明
https://www.manegy.com/news/detail/6070

第8位:「上場企業の時給ランキング2022」1位の時給は?
https://www.manegy.com/news/detail/6068

第9位:年金制度の仕組みなど注目の法令改正ランキング:8月16日〜8月23日
https://www.manegy.com/news/detail/6060

第10位:税制上の特例措置の適用要件を満たさない設備に対する「工業会等による証明書」の誤発行がありましたので周知しますなど| 8月24日更新の官公庁お知らせ一覧まとめ
https://www.manegy.com/news/detail/6066