<img src="https://www.manegy.com/api/image/news/3980/13672.jpg" style="width: 50%;"> <p><br><br>経理職への転職を考えるにあたって、「転職エージェントに頼んだ方がよいのかな?」と迷っている方もいることでしょう。 転職エージェントの利用は未公開求人に応募できるなど多くのメリットがあります。 ただし、ていねいなヒアリングを行うため、一般の求人媒体より時間がかかることがあるなどのデメリットもあります。<br>この記事では、経理の転職をエージェントに頼んだ方がよい理由についてご紹介していきます。<br><br></p> 経理の転職市場について <p>ここ数年、経理の転職市場は活発化していました。<br>欠員補充が一般的な経理職の採用ですが、ここ数年は、業績好調による組織拡大のための採用が多くなっていたからです。</p> <p>ただし、2020年は新型コロナウイルスにより飲食や旅行、観光業、あるいは小売業界などは採用を減らしている一方、「コロナ特需」を受け、活況を呈している業界もあり、IT業界、医療機器・衛生品などを扱う業界は逆に採用を増やしている企業もあります。<br>とはいえ、全体的な市況感としては先行きが見えないため、即戦力人材の採用を優先する傾向が続くでしょう。</p> 続きはこちら <p style="border-left: solid 5px red; padding: 5px 0 5px 10px; font-size: 18px; font-weight: bold;">記事提供元</p> <img src="https://www.manegy.com/api/image/news/2682/9664.jpg"> <p>管理部門の転職ならMS-Japan<br>転職するなら管理部門・士業特化型エージェントNo.1のMS-Japan。経理・財務、人事・総務、法務、会計事務所・監査法人、税理士、公認会計士、弁護士の大手・IPO準備企業の優良な転職・求人情報を多数掲載。転職のノウハウやMS-Japan限定の非公開求人も。東京・横浜・名古屋・大阪で転職相談会を実施中。</p>