大皿に少しずついろいろな総菜が盛られているのが大好き!食べるのはもちろん、作るのも、盛るのも大好きです。掛谷康樹さん、田中太郎さんなど、作家さんの想いが込められた器や、やちむんなど、手にするたび心躍るお気に入りのお皿をご紹介します。大皿に、いろんな色の食材で絵を描くように盛り付けて、お食事時間を目でも楽しみましょう♪

Today's MANEKU Style

大皿に盛り付けるメリットとは⁉

フランスは共働き家庭が多く、洗い物が少なくて済むという理由から、家庭での食事はワンプレートが多いそう。

それに自然と彩りを意識するので、栄養バランスが良くなりますね。

また大きさに限りがあるので、食べすぎ予防にも!

我が家の大皿をいくつかご紹介。

こちらは広島県の惣堂窯・掛谷康樹さんの作品です。

練上げという手法で作られた器は、内側と外側が金太郎飴のように同じ模様になるのが特徴です。

こちらは兵庫県のつくも窯・十場天伸さんの作品。

土に水を加えたクリーム状の化粧土(スリップ、泥漿)で、装飾して焼き上げたスリップウェアです。

こちらは沖縄の焼きもの、やちむんです。

ぽってりと厚い形状、力強い絵付けは、沖縄の人々の暮らしに深く根付いているそうです。

この器を眺めているだけで、あの沖縄の綺麗な海の波の音が聴こえてくるようです。

こちらは前回もご紹介した、岐阜の田中太郎さんの野焼きの土器です。

蜜蝋が塗られてあり、水漏れしません。

使い込んで染みもできていますが、それも味の一部。

手にするたび心躍ります。

Flower

食器棚越しのリビングの緑。

ティータイムにほっと一息、ぼーっと眺めて…

やはり緑は癒されますね。

MANEKU Tips

胡椒の違いに気づかせてくれた、

FAUCHON サラワク ブラックペッパー(あらびき)

胡椒の4大産地はインド、マレーシア、インドネシア、ブラジル。

最近まで特に産地を意識することなく使っていたのですが、このブラックペッパーを使い出してから、ん?なんか料理が美味しい。

これに変えたことに気づいていない家族も、このブラックペッパーを使った料理をやたらと美味しい、美味しいと言うのです。

もう我が家では黒胡椒はこれに決まり!です。

ライター:ki_tsuchi