正月があけて寒い日が続くと、温かなロールキャベツを食べたくなります。今回はハンバーグのたねで作るお鍋に材料を入れてコトコト煮込むだけの、簡単「ロールキャベツレシピ」をご紹介!使用したお鍋は「Staub(ストウブ)オーバルココット23センチ」。そのまま食卓に並べても絵になるのでパーティーにもおすすめです。あたたかなおうちごはんで、正月疲れを癒しましょう♪

Today's MANEKU Style

手作りロールキャベツであったかおうちごはんを楽しむ

寒い日には温かい物が食べたくなりますよね。

もちろん、ガスコンロを使って鍋ものもいいけど、保温力の強いストウブ鍋ならコンロなしで温かい料理が食べられます。手間なし!

見た目もかわいい鍋。そのまま食卓に並べても絵になる♡

材料をストウブ鍋に入れて、コトコト煮るだけの簡単レシピでおいしいロールキャベツはいかがですか。

Food & Drink

材料を入れて蓋をして煮込むだけ♡簡単ロールキャベツ

寒い日には温かなロールキャベツを食べたくなります。
我が家ではハンバーグのたねを、ロールキャベツにも使います。なのでハンバーグのメニューの二日後には、ロールキャベツが食卓に並びます♪

ストウブ鍋使用。ロールキャベツのレシピ

【材料】3〜4人前

ハンバーグのたね 約200g

(我が家のレシピはひき肉150g、玉ねぎみじん切り30g、潰した麩15g、牛乳30g、塩少々、ニンニクチューブ3㎝ 全てをボールに入れて手でよくこねます。分量は少々適当でも、たねが固まりになれば大丈夫です。)

キャベツの葉 9〜10枚

〇ウインナー 6本 (斜めに切れ目をいれておく)

〇コンソメキューブ 1個

〇ローリエ 1枚

〇トマト缶 1缶

〇水 1カップ(200ml)

〇クレイジーソルト 小さじ1/2

【作り方】

①キャベツは芯を切り抜き、一枚ずつきれいにはがしていく。

はがしたキャベツの芯はそぎ取って、みじん切りにしてタネに混ぜる。

キャベツの芯は甘みがあって、栄養もあるので食べましょう♪

耐熱容器にキャベツを入れて、軽くラップをして600wのレンジに7分かける。

②火が通ったキャベツはバットに出して、荒熱をとる。

③キャベツにタネを入れて、包んでいく。

④包んだロールキャベツを鍋に隙間なく並べていく。

隙間なく埋めることで、ロールの中に空気が入りにくく、荷崩れしにくいです。

どうしても入りきらないロールキャベツがあれば、上にのせる。

私は2個、入りきらなかったので、上にのせました(-ω-)

⑤並べたロールキャベツの上に〇を全て入れる。

⑥蓋をして中火で15分煮込む。

⑦蓋を外して、中を確認。端からへらで隙間にスープを入れるようにして動かす。

⑧再度、蓋をして弱火で20分煮る。

⑨鍋ごと食卓に出して、取り分けていただきます♡

パセリを散らすと緑が入ってきれいです♪

今回は家にサツマイモがあったので、サツマイモごはんのおむすびと、前日に作ったコールスローを付け合わせにしました。

けっこう、ヘルシーな内容になったかなと思います。

正月太り改善になるかな。(笑)

コールスローには、カシューナッツを入れると香ばしくておいしくなります♪

Kitchen Tools

なんでも使えて重宝してますストウブ鍋☆

今回、使用した鍋は「ストウブ オーバルココット 23㎝ グレー」。

我が家は二人での生活なので23㎝のオーバル型がちょうど良いサイズ感です。他にもホーロー鍋は3個ほどありますが、この子の出番が一番多いです。4人ほどのパーティーメニューにも使ってます。

ストウブ鍋の特徴は有名ですが、他のホーロー鍋と比べて感じたのが、水分を閉じ込める力です。食材からでた水分を利用して、食材に火を通す。他の鍋に比べて少ない水分量で調理ができます。出来上がった料理は食材の旨味が凝縮しているように感じます。

また鍋肌がフライパンのような加工となっており、焼いて、そのまま煮るということに向いています。

今までの鍋はフライパンで焦げ目をつけてから、鍋に入れるといった段階を踏んでいたのですが、ストウブ鍋はそのままできるので、洗い物も少なく済みます。

個人的な見解ですが、私の中では他のホーロー鍋より、使える!といった印象です。

他にも鍋ごとオーブンに入れてパンを焼いたりと、オーブン料理に使ったりできます。残念ながら、我が家のオーブンレンジには入りきらないので、いつか挑戦できたらと考えています♪

Tablewear

ちょこっといるだけで、かわいい存在♡デイジーの箸置き

辻本路さんのデイジーの箸置き。

うちる陶器市で購入しました。

一つ一つ手作りで、優しい色合いに、丸いフォルム。食卓に並ぶと、そこに花が咲いたようにかわいい存在感を放ってくれます。

Souvenir

食後のデザートも楽しいおうちごはん♪

ごはんの後には、やっぱり甘い物がほしくなります。

今日のおやつは、ファンドリーの秋冬限定イタリア栗のサブレタルト♡

年末に買って、大事に取っといておいたもの。

個包装になっているのでお土産にもおすすめです。

温かいカフェオレと一緒にいただきました。

栗の甘みが口の中で広がって、おいしかったです♪

MANEKU Tips

サツマイモごはん…塩っけが欲しかった(笑)

サツマイモごはん、ほっこりお芋と少々の塩味。おいしかったですが、ちょいと物足りなったです。

塩昆布を一緒に混ぜて、おむすびにした方がおいしかったんじゃないかなって思います。

でも、塩分の気になるお年頃なので、健康のためには胡麻の風味で満足しておくべきなのかも・・

ライター:yumi