お正月や成人式など和食が似合うイベントが続く1月。今回は何度も作りたくなる美味しい「伊達巻レシピ」を載せてみましたので、良かったら作ってみて下さいね。コツはとにかく”弱火”で焼く事です。そのほかアミューズスプーンや陶器の重箱を使った盛り付け方などもご紹介。お料理に似合う器を選んでおもてなしを盛り上げてみてくださいね。

Today's MANEKU Style

器のはなし

100円ショップや雑貨屋さん巡りが好きで、様々な食器を買いますが、中でもガラスの器は色々なお料理に合う優れもの。ちょっとしたおつまみや、タレが多めのものでも、ジャムやペーストなどを入れてもかっこよく決まるアイテムでおすすめです。今回は和と洋のコラボメニュー『カズノコとクリームチーズの和え物』を盛り付けてみました♩¨̮もう1つのレンゲ型のアミューズスプーンには大根おろしにシラスを盛り付けて鰹節を乗せただけなのに、何ともオシャレな1品に。お洋服を選んだり、ヘアスタイルをセットするように、お料理もその時々で似合う器を選んであげたら驚くほど綺麗に仕上がります。
今回は器の事も書いてみましたので、良かったら最後まで読んで下さいねᵕ̈*

Food & Drink

何度も作りたくなる美味しい「伊達巻」のレシピをご紹介します。

皆さんがお弁当の卵焼きを焼く時に使っている、一般的な卵焼き用フライパン1回分の量(伊達巻1本分)です。

(材料)

L玉子 5個

はんぺん100g

だし汁   2分の1カップ

砂糖    70g

蜂蜜    小さじ2分の1

塩  少々

(作り方)

材料をフードプロセッサーで混ぜます。

※注 いっぺんに入れると溢れるのでご注意下さい

フライパンに油を多めにひいて、箸を入れたらジュッと音がするくらいあたためます。

あたためたフライパンに生地を一気に流し込み、火力を弱火にして木蓋をします。

IHの温度を最弱にして、50分焼いていきます。

時間はかかりますが、手間はかかりません。

たまに竹串で端の方をめくり、焦げ具合を確認するだけで、基本放置して大丈夫です*ˊᵕˋ*

50分ほど焼いてから、表面が乾き出して、液が垂れないようであれば裏返す合図です。

竹串を使ってフライパンから卵を剥がします。

ぐるりと1周側面を剥がしましたら、木蓋をかぶせフライパンごとひっくり返し木蓋に卵をのせます。

フライパンを綺麗に洗って最初の時と同じく油を入れてあたためます。

あたためたら、木蓋に乗せておいた卵を、焼き面を上にしたままつるりとフライパンに移し替えて下さい。

またIHの温度は最弱で、今度は10分ほど加熱します。

その後、火力を最弱から1段階あげて、4〜5分焼いて焦げ目をつけます。

焼けたら木蓋に取り、フライパンを洗い、またあたためてからつるりと卵を戻し入れて 、IHの火力を最弱から1段階あげた火力にして4〜5分焼き焦げ目をつけたら木蓋に取り、焼きは完成となります。

あとは”鬼す”で巻いて、両端を輪ゴムで止めて冷まします。

鬼すが無ければ、巻きすやアルミホイルなどで代用してもOKです。

コツはとにかく”弱火”で焼く事です。

焼き時間は各ご家庭のIHで差があると思いますので、レシピの時間はあくまでも目安として作ってみて下さいね♪

ガスコンロの方は、火加減をごく弱火にして、目視で確認しながら作ってみて下さい。

Tablewear

レンゲ型のアミューズスプーンは、こんな風にたくさん並べて大皿に盛り付けるとパーティーでも活躍してくれます♡

こちらはお正月に栗きんとんを乗せたのですが、こんな風に形が崩れやすいお料理もスマートに自分のお皿に移せてとても便利でおすすめです*ˊᵕˋ*

MANEKU Tips

優秀な陶器の重箱

いつも愛用していた重箱は木製の物でしたが、今年のお正月用に陶器の重箱を買い求めてみました。

1つ1つに蓋がついていて、個別で使う事も出来るし、重ねる事も出来る優秀さ♡

重箱だと思うとついつい敷居が高い気がしてDailyに使用していなかったのですが、こちらだと陶器の器として日常的に登場する機会が増えました。

今回はお寿司を盛り付けて使用しているのですが、食べるまで蓋をしておけば乾燥も防げるので生鮮食品を盛り付けるのにもとても良いなぁ〜と大満足!

あとは日々の食事によく登場する煮物などもこちらの器に入れて、蓋をして冷蔵庫に保存できるのでとても便利です。

1年の始まりの1月に、新しい器が仲間入りすると気分も新たにまた1年間家族の為にお料理を頑張ろうと言う気持ちになりました( *´꒳`*)

今度からは新しい年の為に素敵な食器を買う!!、という行為を年末行事の中に取り入れようと思います。w

(  大掃除よりも重大な任務になりそうです(*≧∀≦*)     )

ライター:takn_ayako