女優の松田るかさんが3日、東京都内で行われた浜辺美波さん主演で人気マンガを実写化した劇場版「映画 賭ケグルイ」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督)の初日舞台あいさつに登場した。松田さんは「令和がまだまだ長いということに甘えて、令和中にラーメンをやめようかなって。健康診断に行ってきて、中性脂肪が高かったんだよね。E判定とかそんなんじゃないけど、おやっというところがあったので。今すぐにやめるのは無理だから、令和中にやめたいなと」と語った。

 皇伊月(すめらぎ・いつき)役を演じた松田さんは「シーズン1の時は完全に敵役ですね。蛇喰夢子を生徒会代表として、私がつぶしてあげましょうぐらいのテンションで行ったらボロ負けして。生徒会も追い出され……。シーズン2の冒頭は、夢子のことを使ってやろうぐらいにしか思っていなかった。シーズン2の豆生田戦で、なんか別の感情が夢子に対して出てきたんじゃないかな。そのあたりぐらいから、めっちゃ浜辺ちゃんとお話するようになりました」と振り返った。

 「賭ケグルイ」は、マンガ誌「月刊ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス)で2014年3月から連載中の河本ほむらさん作、尚村透さん画のマンガ。浜辺さん主演で18年にテレビドラマ化され、ドラマ2期も3月末から放送されていた。劇場版は、生徒会長(池田エライザさん)と蛇喰夢子(浜辺さん)との勝負に期待が高まる中、学園内では“非ギャンブル、生徒会への不服従”を掲げる白装束集団「ヴィレッジ」が台頭し、生徒会との対立が深まる。ヴィレッジ解体と夢子潰しをたくらむ生徒会は、全校生徒をタッグで強制参加させる「生徒代表指名選挙」の開催を宣言する……というストーリー。