タカラトミーの人気玩具「ゾイド」の新シリーズ「ゾイドワイルド」の改造コンテスト「俺のゾイドコンテスト2020」の特別参加作で、お笑いコンビ「野性爆弾」のくっきー!さんが制作したオリジナル改造ゾイド「我、復刻ノ刻ヲ待ツ」が完成した。「ZW34 ガトリングフォックス」を改造し、戦いでボディーを失い、瀕死のガトリングフォックスが水底に潜み、新たなボディーを手に入れる策を練っている様子を表現した。

 くっきー!さんの作品は、1月25日から幕張メッセ(千葉市美浜区)ほかで順次開催されるイベント「次世代ワールドホビーフェア ’20 Winter」のゾイドブースで展示される。

 くっきー!さんは、小学生時代に兄と一緒にゾイドで遊んでいたというゾイドファン。当時は、前進するゾイド同士をぶつけて相撲のように押し合って遊んでいたといい、改造ゾイドを制作するのは今回が初めてとなった。コンテストに参加を表明した際は「(元のゾイドとは)全然ちゃうやつにします!」と語っていた。