人気アニメ「おジャ魔女どれみ」シリーズの20周年記念作で、オリジナルスタッフが製作する劇場版アニメ「魔女見習いをさがして」(佐藤順一監督、鎌谷悠監督)の公開が、予定していた5月15日から延期されることが3月19日、分かった。公開延期は「製作上の都合により」としており、詳細は今後、発表される。

 「魔女見習いをさがして」製作委員会(東映、東映アニメーション)は、「公開を楽しみにお待ちいただいていた皆様には心よりお詫(わ)申し上げます。映画は年内の公開に向けて調整を行っておりますが、新たな公開予定日や前売り券の発売につきましては、決定次第、映画公式ウェブサイト、公式ツイッターにてお知らせいたします」と説明している。

 「おジャ魔女どれみ」は、魔女見習いになった主人公のどれみと、仲間たちが一人前の魔女になるための修業の日々が描かれた。テレビアニメ第1期が1999年2月〜2000年1月、第2期「おジャ魔女どれみ♯(しゃーぷっ)」が2000年2月〜01年1月、第3期「も〜っと! おジャ魔女どれみ」が2001年2月〜02年1月、第4期「おジャ魔女どれみドッカ〜ン!」が2002年2月〜03年1月に放送された。

 「魔女見習いをさがして」は、22歳の教員志望の大学生の長瀬ソラ、27歳の会社員の吉月ミレ、20歳のフリーターの川谷レイカが主人公で、子供のころに「おジャ魔女どれみ」シリーズを見ていた3人が出会い、一緒に旅に出ることになる。