7月20日に発表された18、19日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、西森博之さんの人気マンガが原作の「今日から俺は!!劇場版」(福田雄一監督)が、初登場で首位を獲得した。土日2日間で約48万6000人を動員し、興行収入は約6億3100万円を記録。17日の公開初日から3日間の累計では、動員で約60万5000人、興行収入で約7億8800万円をあげる好スタートを切った。配給元の東宝によると、男女比は40対60で、10代からシニアまで幅広い層を集客しており、最終興行収入は50億円を狙えるとしている。

 初登場作品では、重松清さんの小説を山田孝之さん主演で実写化した「ステップ」(飯塚健監督)が7位にランクイン。諫山創さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「進撃の巨人」のシーズン1〜3を再編集した「『進撃の巨人』〜クロニクル〜」が10位に登場した。

 前週まで3週連続でトップ3を独占したスタジオジブリの宮崎駿監督の劇場版アニメ「千と千尋の神隠し」(2001年)、「もののけ姫」(1997年)、「風の谷のナウシカ」(1984年)は、それぞれ2、3、4位となった。

 1位 今日から俺は!!劇場版
 2位 千と千尋の神隠し
 3位 もののけ姫
 4位 風の谷のナウシカ
 5位 私がモテてどうすんだ
 6位 透明人間
 7位 ステップ
 8位 ドクター・ドリトル
 9位 MOTHER マザー
 10位 「進撃の巨人」〜クロニクル〜