声優の梶裕貴さんが、7月24日に放送されるトークバラエティー番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系、金曜午後9時55分)に出演。声優として活動しながらアルバイトしていたという過去や、“演じ分け”のテクニックを披露する。さらに、林原めぐみさん、宮野真守さん、神木隆之介さんが梶さんの素顔を明かす。

 梶さんは、MCを務めるお笑いコンビ「ダウンタウン」と坂上忍さんがゲストとお酒を飲みながら本音で語り合う「本音でハシゴ酒」の企画に登場。元気な役を演じることが多い梶さんだが、林原さんらの“タレコミ”で予想外のエピソードが次々と明かされるほか、番組が進行するにつれて次第に気の抜けた話し方になるなど、第一印象とのギャップで一同の笑いを誘う場面もあるという。

 また、さまざまな状況を声で表現するためのテクニックがあると語る梶さんが、「水中でのセリフ」「口の中が血だらけで歯が抜けた人のセリフ」を実演。体のある一部分を使ったテクニックや、「進撃の巨人」でも実際に行ったというあるものを使ったテクニックに加え、「20歳の大学生」「肉付きのよいおじさん」「100歳のおばあさん」など、まったく違うキャラクターを演じ分けるテクニックも披露する。

 番組には、お笑いコンビ「EXIT」もゲストとして登場。コンビ仲を示す仲良しエピソードが飛び出すほか、松本人志さんが「これはえぐいな」と驚く互いの恋愛話も語られるという。