スウェーデンの作家、ルーネル・ヨンソンの児童文学「小さなバイキング」シリーズが原作の劇場版アニメ「小さなバイキング ビッケ」(エリック・カズ監督、10月2日公開)の予告編が8月11日、公開された。日本語吹き替え版では、女優の伊藤沙莉さんが主人公ビッケの声優を務め、予告編ではビッケの名ぜりふ「そうだ、この手でいこう!」が登場する。

 予告編は、魔法の剣によってビッケの母が黄金の像になってしまうシーンから始まる。小さくて弱虫なビッケが母を助けるため、夢であるバイキングになるために大海原へ旅立ち、巨大な波を乗り越える姿が描かれている。

 「小さなバイキング」シリーズは、1963年に発表され、1965年にドイツ児童図書賞を受賞。1972〜1974年にドイツと共同制作のテレビアニメが放送され、最高視聴率20.5%を記録した。体は小さいが頭脳めいせきな海賊の息子のビッケが海賊の一員になり、知恵を生かして事件や困難を乗り越えていく姿を描く。

 劇場版アニメは、原作にはないオリジナルストーリーのCGアニメ。何でも黄金に変えてしまう魔法の剣の秘密を解き明かす物語が描かれる。ビッケが愛する母イルバを救うため、海賊の父ハルバルと仲間とともに大冒険を繰り広げる。ヨーロッパで人気を集めたテレビシリーズ「Vic The Viking」に参加したエリック・カズさんが監督を務め、脚本を手がける。「SING/シング」「ペット」「怪盗グルーのミニオン大脱走」などのティモ・ベルクさんが作画監督を務める。日本語吹き替え版では、伊藤さんのほか、三宅健太さん、前野智昭さん、和多田美咲さん、白井悠介さんらが声優として出演する。